♦︎講座紹介


ハイレベル英語(日永田

上半期は、長文1本と英文法の応用事項を学びます。下半期は、大量に英文を読むことにより、圧倒的な語彙力の増強と、実戦経験を積みます。学力を上げるには、量をこなすことが必要です。質の高い教材を大量にこなす講座で、確実に学力を向上させましょう。なお、講習もカリキュラムに組み込まれていることをご了承ください。

スタンダード英語(中出)  

最初は基礎から始めます。最終的には、上記の大学に余裕をもって合格できる英語力が身に付いている状態を目指します。文法は基礎を繰り返しているうちに、応用問題まで解けるようになります。読解は語彙力の増強に加え、基本的な読み方を前期に学び、実戦的で応用的な読解を後期で扱います。リスニングも授業の中で扱い、共通テストにも完全に対応できる力を身に付けます。

高2ハイレベル英語(堀越)   

この講座の目的は2つあります。1つ目は、英文法を「体系的に」身につけることです。言い換えれば、英文法の全体像を把握し、必要なときに必要な知識を引き出すことができるよう訓練します。なお、高2の段階では、応用的な文法ルールや表現には触れません。そのような内容は、高3で扱います。
 2つめは、標準レベルの長文読解を通じて、語彙力を身につけることです。なお、この講座は、いわゆる「文法選択問題」の解き方を身につけるためのものではありません(もちろん解けるようにはなります)。「英文法」という基礎を築き、それを活用して、正しく英文を読み、書くことができるようになるための講座です。
なお、講習もカリキュラムに組み込まれていることをご了承ください。

高2スタンダード英語(堀越)

本講座では、基本の文法事項をしっかり抑え確固たる英語力を身に付けていく。「問題を解く」ことだけでなく「理解し、使いこなす」ことに重点を置き授業を進めていく。さらに読解では、確実な「速読力」に繋がる「精読」を軸に文章を読んでいく。この1年間で必要な知識を着実にモノにできるかが、受験の成功の大きな鍵となる。

高1英語総合(堀越)

本講座では、基本の文法事項をしっかり抑え確固たる英語力を身に付けていく。「問題を解く」ことだけでなく「理解し、使いこなす」ことに重点を置き授業を進めていく。この1年間で必要な知識を着実にモノにできるかが、受験の成功の大きな鍵となる。

ハイレベル数学ⅠAⅡB(上岡)

教科書等で扱ってきた公式を知っていることは前提にして、知っている知識を整理し、どう応用していくのかを中心に学習していきます。分野のつながり、数学Ⅲへのつながり、分野の難易度を意識してカリキュラムを構成しているので、受験勉強が効率よく行えるようになっています。
基本的な公式を覚えること、またその公式を適用すれば解けるような問題は予習課題として課します。

ハイレベル数学Ⅲ(築舘)

スタートラインとして数学IIIの微積計算だけはできることを前提とし(微積計算を身につけるための教材は提供します)。前期中に数学IIIの全単元をひと通り終わらせます。短期間で効率よく数学IIIを修得できるようにカリキュラムを組んであります。前期中は映像授業を使って予習してもらうので、1回の授業につき予習2時間・復習2時間くらいは覚悟してください。その代わり本授業だけで数学IIIの全てを学ぶことができます。

スタンダード数学ⅠAⅡB(上岡)

基礎的なことからはじめ、着実に共通テストで高得点(7-8割)を狙っていくことを目標にします。春期講習から数学ⅠAの内容を扱い始め、夏期講習までに数学ⅡBまでの基本的な内容を終えます。2学期以降は共通テストと2次試験に向けての実戦的な演習を行います。
基本的な公式を覚えることは予習課題として課すので覚えてきてください。そのうえで解けるべき典型問題や、問題をどう読み解くのかを中心に授業を進めていきます。

スタンダード数学Ⅲ(築舘)

できるだけゆっくりていねいに授業を進め、かつ出題頻度が高いような重要単元を先に扱い、出題頻度が低い単元・難易度が高く学びにくい単元は後回しにします。数学IIBが全くできないと厳しいですが、教科書の例題が半分くらい解ける状態なら何とかなると思います。数学IIIは完全に未習で大丈夫です。

高2ハイレベル数学(橋本)

1、2学期で数学ⅡBの全範囲の内容を扱います。3学期では、数学ⅠAⅡBの演習と数学Ⅲの先取り学習を予定しています。本講座では、分野ごとに基本の確認、標準問題の解説、確認テストなどを通して来年度の受験に向け実力を付けていきます。来年度、難関校を目指す方、数学の学習に意欲的に取り組みたい方の参加をお待ちしています!

高2スタンダード数学(千島)

数学IIBの主要単元を基本的なところから学習していきます。
必要に応じて数学IAの内容に戻りながら、1つ1つ丁寧に確認していきましょう。
講義による知識・技術の伝達だけでなく、復習テスト、課題のチェックなど、日々の学習をチーム駿優でサポートしていきますので、数学に不安のある方も安心してご参加ください。
この1年間で大学受験に向けた土台作りをしましょう。

高1数学(千島)

数学IAの内容を1通り学習していきます。高校数学では中学数学と比較し、進度が早く、内容も抽象的になります。一見大変そうに感じますが、核となる部分を1つ1つ丁寧に何度も学習し定着させることで、正しく、深く理解することができます。
講義による知識・技術の伝達だけでなく、復習テスト、課題のチェックなど、日々の学習を「チーム駿優」でサポートしていきますので、安心してご参加ください。

ハイレベル現代文(武川)

<教室から世界へ>
「現代文なんてやってもやらなくても同じ」―そんな声をよく耳にしますが、決してそんなことはありません。「文章内容理解」、「正答へのアプローチ」、「必要な語句知識の習得」によって鍛えることのできる科目です。ハイレベル現代文では合格に必要な読解力と解答力を養成し、大学受験の「後」につながる「世界を見る目」を養う講座を展開します。

ハイレベル古文(朝倉)

テキストは、頻出出典と定番テーマを取り扱った最難関国公立・私立大学の過去問から成ります。
前期では、最難関国公立・私立大学の入試問題を扱い、古文読解の【 基礎力 】を養成・完成してもらいます。「単語・文法・構造把握」を合言葉に、記述式・選択式に臨機応変に対応できる古文読解を目指します。
後期では、古文読解の【 総合力・応用力 】の習得を目的とした演習へと移行します。【 基礎力 】を複数組み合わせた精度の高い読解力を手に入れます。
*毎回の授業で古文テスト(古文単語/古典常識)を実施します。

スタンダード現代文(武川)  

<現代文を諦めない>
「長い文章が苦手」「文の内容が全く頭に入ってこない」―だから現代文は運次第、という受験生は非常に多いのではないかと思います。しかし、現代文はしっかりとした方法論を習得することで確実に得点力を上げられる科目です。スタンダード現代文では文章読解の基礎となる語彙力の強化から文章構造の理解へとつなげていき、最終的に「現代文で合格点」をとることのできる講座を展開します。

スタンダード古文(朝倉)

テキストは、頻出出典と定番テーマを取り扱った難関国公立・私立大学の過去問から成ります。
前期では、難関国公立・私立大学の入試問題を扱い、古文読解の【 基礎力 】を養成・完成してもらいます。「単語・文法・構造把握」を合言葉に、どんなタイプでも解けるようになる古文読解を目指します。
後期では、古文読解の【 総合力・応用力 】の習得を目的とした演習へと移行します。【 基礎力 】を複数組み合わせた精度の高い読解力を手に入れます。
*毎回の授業で古文テスト(古文単語/古典常識)を実施します。

ハイレベル物理(笠原)

ライヴ授業と映像授業を組みあわせて,効率的・効果的な学習を追求します。
* ライヴ授業→標準的な問題演習を通じて、確固たる基礎を築く。
* 映像授業→基本的な知識の確認
難関大の入試問題と言えども、基礎的な設問を組み合わせて構成されています。その構成要素ひとつひとつをきちんと理解しつつも、全体像を見失うこともないように、最高級の指導をいたします。

スタンダード物理(笠原)

入試物理で最も難しいのは基礎の習得であり、その部分を徹底的にお手伝いします。実は基礎を身につけた後の実践的な演習のハードルはそれほど高くありません。その部分についてもきちんと指導いたします。
基礎学力の習得の際には、じっくり学ぶだけではなく、くり返し学ぶことが大切です。そこで気になった単元がいつでも復習できるような映像授業も提供します。
丁寧に面倒をみさせてもらいますが、最終的に受講生のみなさんが自立・自律した大学生になれるようにサポートしたいと思います!

化学  

化学の学習で最も大切なことは,正しく“化学現象”を理解することです!ただやみくもに問題集を解いてもきちんとした学力は身に付きません。「ただ解く100題」よりも,「化学現象を理解して解く1題」を意識することの方が大切です。
この講座では,各分野における“化学現象”を基本から説明していき,大学入試問題を自力で解ける力を養成します。インプット➡アウトプットの流れを意識し,授業内で演習も行います。“化学現象”をきちんと理解した上で問題演習を積んでいけば,必ず化学は得意科目になります!本講座で一緒に頑張りましょう!

生物(谷原)

生物は 暗記科目」 この様な誤解が多く存在します。実際の入試問題では暗記だけでは太刀打ちできないことが非常に多いです。その理由は生物の問題は大きく分けて、「 知識問題 」「 計算問題 」「 実験考察問題 」 の 3 種類に分類できます。特に後者二種は知識を基に思考し、答えを導き出す必要があります。生物で高得点を目指すには知識の充填は勿論、思考力、分析力 、読解力の養成が必要不可欠です。本授業では知識の提供だけでなく、10 ヶ月弱を通してこれらの力を養っていきます。是非、丸暗記ではなく、思考する生物をご体感ください。

生物基礎(谷原)

生物は難しいが生物基礎は簡単だから大丈夫」 この様なフレーズを耳にしたことはありませんか? 実際に難関大学の入試問題を確認すると生物基礎であっても表面上の知識だけでは 太刀打ちできない問題も多く存在します。知識の充填は勿論、授業を通して生命現象や生態系 の仕組みを一緒に考えながら、丸暗記に頼らない学習で応用力を身に着けていきましょう。

日本史(依田)

旧石器時代から現在までを扱う講座です。
春期講習(旧石器時代〜古墳時代)、1学期(飛鳥時代〜室町時代)夏期講習(安土桃山時代〜江戸時代)、2学期(明治時代〜昭和戦中期)、冬期講習(昭和戦後〜現代、テーマ史)の通史講義を季節講習も利用しながら行います。
授業レベルは、最終的に共通テストで85点以上、全国模試偏差値60以上を目安に設定します。特に東大・早慶等、旧帝大および難関国公立・私立大学の現役合格を目指す日本史選択者は必聴の講義となります。

世界史(池田)

通期授業では先史時代から現代までの通史を扱います。また季節講習で「文化史」「地域史」「テーマ史」を扱います。通期授業と季節講習の内容を明確に分けることで、どの時期にどこまで学習すれば良いのかを効果的に、そして確実に知識を定着させていきます。歴史科目は復習が生命線です。受講者には演習問題のテキストや年号プリントなど、復習のための暗記ではなく、歴史の流れを理解する確実な知識の定着を受講生に提供します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
水戸駿優予備学校は,1988年に創立した水戸駅前の大学受験予備校です.教育会館や学童スクールも運営しており,水戸駿優ブランドは地域の方々に幅広く親しまれています.