マガジンのカバー画像

楽しい人生を生きよう!

11
運営しているクリエイター

記事一覧

嫌だなと思ったら

嫌だなと思ったら

嫌だなって思ったら1度目でちゃんと伝える
2度目があったら即サヨナラする
あの人がいつか分かってくれるとかないから
この人は許してくれる人なんだと認識されて
ずるずる同じことされるだけ
1度目で伝えることが出来るようになると
不思議と2度目はなくなるよ

その時に意味がわからなくても後になってそうだったのかと分かることがある

その時に意味がわからなくても後になってそうだったのかと分かることがある

最近、ずっと昔にこんな事言われてたけど、それはこういう事だったのか、とわかるよう事が多くなってきた。

例えば、上野星矢先生の初めての合宿で、ヴィルジール先生に「open」としきりに言われた。その時は気持ちをopenなのかな?としか、実は思ってなかった。

でも、それだけでも音色が変わったので、そういう意味もあったのかもしれないし、そう思ってやっただけで、望まれたことに近いことが出ていたのかもしれ

もっとみる
心が疲弊しているから傷つく

心が疲弊しているから傷つく

人が何かを言われて傷つくのは
心が疲弊してるからなんだよね。
心が健全なら一切傷つかない。
何言われても

何それおいしいの?ふーん

で終わるんだよね。
 

心が疲弊している=心に傷口がある

ってことなんだよね。

傷口に塩やカラシ塗られたら
誰だって痛いし悲鳴あげるよね?
でも、傷がなかったら
少しヒリヒリするくらいで終わるよね?

それと同じ。

何故心が疲弊しているか?

それは親の価

もっとみる
上達までにはタイムラグがある

上達までにはタイムラグがある

言霊は恐ろしいですよ
日本人って謙遜して

私なんて

って言うでしょ?

それ、自分の魂に刷り込んでるんだよね。
そうして、上達しないっていう現実を引き寄せる。

だから余計に不安になったり
失敗したりうまくいかない方向に行ってしまう

そして、やっぱり

私なんて…

となる。

堂々巡り

そんなコンプレックス持ったままで
人を感動させる演奏なんて出来るはずがないです!!!

私は上達できる

もっとみる
人生絶対に山があって谷がある

人生絶対に山があって谷がある

今日、Twitterにこんなことをつぶやいた。

これ、私は割とよく言ってるんだけど
人生だけじゃなくって

何事も絶対に波があるんだよね。

よくない事が続いたり
頑張れなかったり
何をやりたいのか見つからなかったり
気持ちが沈んだままだったり
泣いてばかりしか出来なかったり
怒ってばかりしか出来なかったり

でも、それは今は頑張らなくていい
っていうサインなんだよね

というか頑張らないを

もっとみる
本当の幸せに向かって進んでいこう

本当の幸せに向かって進んでいこう

やってもやっても出来るようにならないと
うまくいかないと
その苦しさから人は逃げる

でも、そこから逃げても
また違うことで壁にぶち当たる

その苦しさからは永遠に解放されない
逃げて楽になったように思えるだけ

それで幸せと思うならそれでいい
でも、それは偽物の幸せのはず

本当は向き合った先にあるものが欲しいはず

手に入らないことがつらくて
それには興味ないフリをしてるだけのはず

その苦し

もっとみる
人は鏡

人は鏡

人がマウントするのは

①自分が正しいことを証明して自分の存在価値を確認したい
②それが親切だと思いこんでいて、こんなに私は親切なのよ、って思われたい

この2パターンが多い。

両方とも承認欲求。
でも、これしてると嫌われて相手は離れて行く一方。余計に孤独になる。結果、自分の存在価値はないようにしか思えないデススパイラル。

自分が認められたかったら相手を認めるしかない。人は鏡。あなたがしたよう

もっとみる
出来ないと認めることはとても大事

出来ないと認めることはとても大事

自分が出来ないって認めることはとっても大事

出来ないならどうすればいいのか考られるし
ひとより劣っているなら
その分、時間かけなくちゃいけないってわかるし
その分、より理解しようと努力しくちゃいけないってわかる

なにやってもダメなら
出来る人に任せればいいし
助けてもらえばいい

出来ないって別にいいんだよ
全部出来なくてもいいんだよ
出来ることだけでいいんだよ

全部出来なきゃ
完璧に出来な

もっとみる
物事は深刻に考えるほどドツボにハマる

物事は深刻に考えるほどドツボにハマる

 この記事で書いた友人。その後、別人のように元気になっている。

 月の半分は体調を崩していたけど、それがほとんどなくなり、ものすごーーーーくくだらないことで、旦那さんに怒られたとか言って、めそめそ泣いて、旦那さんに慰めてもらうとかもなくなった。もちろん旦那さんは怒ってなどいない。ただ、指摘しただけだ。

 たとえば、間違って捨ててはいけないものを彼女が捨てた時、「なんで捨てちゃったの」と旦那さん

もっとみる
どんな時も支えられる仲間を作ろう

どんな時も支えられる仲間を作ろう

 つらい時に支え合うのが友達と言っていた、とある仲の良かった人にコロナが増えて来て不安だと本音をぽろっと吐いた。今まで言ったことなかったんだ。仲が良いからこそ心配かけたくなかった。

 そしたらコロナや政府に対しての自論を展開された上にマウンティングを思いっきりされた。

 ドン引きした。

 本音って言うもんだね!
 そんな人だったのかと分かって良かったよ!

本音言うのが大事ってこういうことね

もっとみる
何のために生きてるのかな

何のために生きてるのかな

人生って何のためにあるのかな
何のために生きてるのかな
自分のためだよね

誰かの期待に応えたり
誰かの犠牲になったり
みんなこんなのだから
自分さえ我慢していたら

なんて

自分のために生きることを諦めてないかな
これからでも自分のために生きれるよ
そんな風に生きたっていいんだよ