まち探訪家・鳴海侑の2020年7月・8月仕事まとめ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

まち探訪家・鳴海侑の2020年7月・8月仕事まとめ

まち探訪家・鳴海侑

2020年8月から本格的に活動を再開しましたので、仕事まとめを復活したいと思います。こういったまとめ、やらなくなってからむしろ必要性を感じるシーンが増えました。よく考えれば、お仕事をさせていただく媒体がそれだけ増えたということなんですよね。ありがたい話です。

webメディア公開記事

・7/9:コロナ禍で「いいとこ取り」な生活をしたければ東京郊外に住みなさい(アーバン ライフ メトロ)

・8/4:地下鉄路線延長日本一に 横浜市営地下鉄延伸線計画予定地のいまとダイヤを予想する(乗りものニュース・有料記事)

・8/25:タワマンと市場だけじゃない! 埋め立ての歴史から見る「豊洲」の知られざる側面とは (アーバン ライフ メトロ)

・8/27:テレワークで需要増も、もう一度考えたい「八王子」の価値(楽待不動産投資新聞)

https://www.rakumachi.jp/news/column/265391


やはり、短期・中長期共にコロナ禍のことを念頭に置きつつ書き進めていくことが多かったように思います。

このときは短期的にはお出かけを積極的に勧められないという状況下で、中長期的にはテレワークの普及を念頭に置いています。この頃よりは10月は平日・休日共にかなり都心に人が戻ってきているのを感じました。

それでも大都市中心市街地では2~3割、あるいは5割人流が減少しているとデータが示しており、東京エリアだと周縁部では減少幅が少ないところやむしろプラスに転じているところもあります。

この流れは現時点のものですが、中長期的に続くような気がしています。するとやはりエリアによってばらつきのある人流変化を無視するわけにいかないですし、ライフスタイル変化を前提にした記事を色々と書かないといけないと思っている昨今です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まち探訪家・鳴海侑

よろしければサポートいただけますとうれしいです。サポートが多いほど執筆のモチベーションアップにつながり、本数が増えます。

ありがとうございます。また読みにきてください!
まち探訪家・鳴海侑
地誌を中心にマクロにまちを見る「まち探訪家」です。 📖webメディア「matinote」運営 / 🖋記事執筆:東洋経済オンライン、アーバンライフメトロなど / まちを訪ねた時の話、記事に書ききれなかった話、好きなものや日常について綴ります。