見出し画像

【感謝と拡散】リツイートの使い分け

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。

ブロガーのぶたぱぱと申します。

noteではTwitterの140字では書ききれない頭の中をつらつらと綴っています。

今回はリツイートについて。

自分の頭の整理を目的に書いているものですが、皆さんのTwitter運用の気づきにもなれば幸いです。


リツイートは使い分けています

早速ですが、「私はリツイートを使い分けています」というテーマで綴っていきます。

リツイートには引用リツイートと単純なリツイートの2種類がありますが、この記事では「単純なリツイート」のことを指しています。


私はこの単純なリツイートを

①拡散のリツイート
②感謝のリツイート

の2種類で使い分けています。


「どういうこと?」という疑問を抱く方も多いと思いますので、それぞれについて説明させていただきます。


拡散のリツイートって?

これは一般的なリツイートの使い方だと思います。

有益だったり、面白いツイートをリツイートします。

また、私のツイートや記事について、引用リツイートでわかりやすい補足をしてくれた方をリツイートすることも多いです。

要するに、拡散のリツイートは私のフォロワーさんにも見てほしいツイートに対するリツイートです。

フォロワーさんのためのリツイート、と言い換えることもできますね。


感謝のリツイートって?

一方で、感謝のリツイートはその人のためのリツイートです。

最近は引用リツイートでコメントを頂けることも多いのですが、私はその人へのお礼の気持ちを込めてリツイートをしています。

微力ではありますが、私のリツイートで少しでもその人がインプレッションを獲得できればいいな、と思っています。

※内容等を踏まえてリツイートしてますので、100%リツイートしているわけではありません。ご了承ください。

感謝のリツイートは後日消してます

あらためて私のリツイートの使い分けを整理すると、以下のとおりです。

・拡散のリツイート:フォロワーさんに見せるためのリツイート

・感謝のリツイート:その人へのお礼の気持ちのリツイート


実は私は感謝のリツイートについては、24時間ほどで消しています(リツーイトを解除しています)

これは私のプロフィールページに訪問してくれた人のために、タイムラインを整える、という目的です。


私のツイートに興味を持って、私のプロフィールページに訪問してくれた方は、おそらく私の過去ツイートをザっとさかのぼるはずです。

その時に、感謝のリツイートで溢れていると、タイムラインは少し見づらいですよね。

自分のプロフィールページを見やすく維持するために、感謝のリツイートは解除させていただいています。


「解除」という行為に気を悪くする方がいれば申し訳ありません。

ただ、感謝のリツイートはあくまでもその人がインプレッションを獲得できることが目的ですので、長くタイムラインに置くことは目的ではないのです。(長くタイムラインに残ったところで、その人にもメリットはさほどありません)


※これはあくまでも私のやり方です

拡散のリツイートは一般的な使い方ですが、感謝のリツイートは私のやり方です。(同じような使い方をしている方も多い印象ですが)

この記事は「感謝のリツイートをやりましょう」という趣旨ではありませんし、「感謝のリツイートは消すべき」という趣旨でもありません。

あくまでも私のやり方をつらつら書いたに過ぎませんので、参考にしていただき、ご自身のスタイルを確立してくださいね。


※noteでは自由なスタンスで私の考えを発信しています。

ブログ(ぶたぱぱMEMO)ではより具体的なブログノウハウを発信していますので、ブロガーの方はぜひブログもご覧ください。

また、Twitter(ぶたぱぱ)でもブログに関する情報を中心に発信しています。当記事で興味を持っていただけた方はフォローしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
新サイトの戦略・失敗・PV・収益、全てさらします!ブタの鼻ブログ歴2年最高月収5万円の平凡ブロガー/30歳2児の父です/2020.6.1新サイト開設(4サイト目)/成功も失敗も発信/フォローするとブログを育てる様子がリアルタイムで分かります