見出し画像

MISO POTA KYOTO誕生のお話

かつてお味噌汁は、食卓に当たり前のように並ぶ、いわば日本人のソウルフードでした。

発酵食品が、身体にどんな効果をもたらすのか。

そんな難しいことを知らなくても、私は身体がそれを欲するままに毎日おいしくいただき、スクスク育ちました。

家族の食卓を彩る原風景として、母の作ってくれたあたたかいお味噌汁は、今でも深く記憶に刻まれています。

そして今でも、お味噌汁は私にとって、体を癒やし整えてくれる、大切な食事です。ところが最近、そんな味噌汁事情が大きく変わりつつあります。


例えば不定期に開催している「お味噌を学ぶワークショップ」で参加者の皆さんに「最後に味噌汁を飲んだのはいつ?」と質問してみると

「あれ。そう言えばいつだっけ。思い出せない...」

実は、そんな答えが珍しくないのです。

食が欧米化し、また外食が増えるとともに味噌汁を飲む機会も減り、いまや毎日どころか週に一度も飲まれなくなっています。

「朝食はいつもパンなので、味噌汁は合わない」
「出汁をひいたり、ひとり分だけ少量つくるのが面倒」
「毎日だと飽きる」

などなど、飲まなくなった理由も様々です。

味噌汁は、このまま少しずつ、マイナーな食べ物になっていってしまうのでしょうか。

自分自身が大好きな味噌汁を、もっと気軽に、好きなときに飲みたい。そして一人でも多くの方に、飲んでほしい。

そんな強い想いから、MISO POTA KYOTOというブランドのコンセプトが誕生します。

そしてそれは、ちょっと変わった「味噌スープ」の始まりでもありました。



MISO POTA KYOTOがつくった味噌汁とは?
ひとり前でも満足感があって、和食以外のメニューと組合せても食べやすく、見た目も彩りがあって華やか。

MISO POTA KYOTOが生み出したのは、具材がたっぷり溶け込んだポタージュのような濃厚さと、慣れ親しんだ味噌を絶妙にブレンドした、まったく新しい「飲む食事」です。

「味噌ポタージュ」という言葉と、とろみのある汁が「ポタリ」と落ちる癒しの音感にちなんで「みそポタ」と名づけました。

見た目は慣れ親しんだお味噌汁に見えません。

でもひと口飲むと、お味噌の味わいからどこか懐かしくホッコリする。
そんな新しいスープが出来上がりました。


栄養たっぷりのスローフードが最強のファストフードへ変わる?
ご存知のように味噌は手間をかけて、時間をかけて作る食品です。つまり、日本人が大切にしてきた究極のスローフードです。

このスローフードを素早く飲めるファストフードにしたものが味噌汁です。実際に戦国時代の武将たちは、戦さ場で味噌汁を飲んでいたそうです。古くから味噌汁は栄養満点のファストフードだったのですね。

現代になり、ファストフードの需要は高まるばかり。
でも、お腹を満たすことが目的となっているものも多いです。
栄養面には目をつぶって食べているという方も少なくないのでは..?

そこで「忙しくて健康面に気を付けてほしい人にこそヘルシーなものを便利に召し上がっていただきたい。そんなスープを開発したい!」と考えました。

そこで味噌だけでなく他の具材のにも注目。
栄養をしっかり蓄えた野菜や味噌を使い、食品添加物はスープに入れないナチュラルな製法で作ろう決めました。

「みそポタ」が「最強のファストフード」になるという、チャレンジのはじまりでもあります。



みんなの心と体をあたためたい
体を冷やさず温めることは、免疫を高めるために、つまり健康でいるために、とても重要なことです。温かい味噌汁を飲むと、体がポカポカしますよね。

そして心もなんだか落ち着きます。

「みそポタ」が「心・カラダの両方を温める食事」となれるようにこれからも創意工夫をしていきます。


100年先まで「毎日のお味噌汁」文化を残したい
毎日飲んでいただけるような創意工夫が必要だと考えたことには、温活以外にも理由があります。

ある味噌メーカーの方から、とても心配になるような数値を教えていただきました。

1968年では1人あたり7.7kgくらいあった味噌生産量が、その後減少を続け、なんと2008年では半分以下の3.8kgになっているということなのです。
※全国味噌工業共同組合連合会発表データより

正直、そこまで落ち込んでいたとは驚きました。

このままでは、味噌の生産量がますます落ち込み、多くの味噌メーカーも存続が難しくなり、味噌が手に入りにくくなる日がやってくるかもしれません。

そうなってしまうとお味噌が、マイナーな存在になるどころか、消えゆく存在になっていってしまう...

そこでMISO POTA KYOTOの事業を通じて実現したいことができました。私が大好きな「味噌汁」を毎日飲むという文化を未来に残したい!ということです。

正直、みそポタはいわゆるお味噌汁ではありません。

でも、みそポタという新しいスープを提案することで、今やなんとなく味噌汁から離れている方が、久しぶりにお味噌を口にし、お味噌の味わいやホッとするという良い点に改めて気づいてくださると思うのです。

そうすれば少しずつお味噌がまた私たちの食事に頻繁に使われるようになる...

このようなポタリとした波紋のように、少しずつ広がる変化が、毎日味噌汁という文化を100年先に残す。


このような願いを込めて「みそポタ」を作り、これからも知っていただく努力をしてまいります。

いろいろな新しさを取り入れたスープ、「みそポタ」をこれからも応援していただければ嬉しいです。

●お取寄せサイト
https://misopotakyoto.com/jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。 気に入っていただければスキ&フォロー& サポートいただければ嬉しいです。

どうもおおきに。これからもよろしくお頼もうします。
23
MISO POTA KYOTOというお味噌のポタージュスープ専門店の女将です。みそソムリエです。モットーは「ねあかのびのびへこたれず」。 公式サイト https://misopotakyoto.jp/

この記事が入っているマガジン

自己紹介
自己紹介
  • 4本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。