読んだ本の感想

114

ジェームス・バーダマン 安藤文人:著「アウトプットに必要な基本英語表現」の感想

 英語学習に興味があり、読んだ。  英語でコミュニケーションを行うために必要な英語表現が…

ジェームス・バーダマン 安藤文人:著 「アウトプットに必要な基本英文法」の感想

 英語学習に興味があり、読んだ。  英語を話す日本人話者が間違えやすい英文法のアウトプッ…

原口統三「20歳のエチュード」の感想

 車谷長吉の”鹽壺の匙補遺”の文章に名前が出ていたので読んだ。  結構内容は長い。  若く…

丸島浩史:監修「ひとりで学べる 乙種第四類 危険物取扱者試験 第2版」の感想

 資格取得に興味があり読んだ。  赤シートが一枚付いており、書籍の中に赤字で書いてある大…

ポールトリンカ:著 石井光彦:訳「偉大なるブルースの肖像」の感想

 原題は"PORTRAIT OF THE BLUES"である。     ここ最近は体調が優れなかったのでやや流し読…

嘉村礒多「業苦・崖の下」の感想

 著者の短編集です。  著者は山口県出身の作家で大正から昭和初めにかけて活動しました。  …

作田啓一/井上俊編「命題コレクション 社会学」の感想

 知人から頂いたので読んだ。  社会学の命題が48項目取り上げられている。  高卒で専門的に…

車谷長吉「忌中」の感想

 酷(むご)い描写が度々ある為、心身の体調が優れない方にはおすすめしない。  怖いタイトル…

車谷長吉「文士の魂・文士の生魑魅」の感想

 生魑魅(いきすだま)と読みます。  小説家の方の評論集では一番好きです。  ここから知った…

見田宗介「まなざしの地獄 尽きなく生きることの社会学」の感想

 知人に薦められて買って読んだ。  著者の論考を通して語られるかつての元死刑囚の少年N・…