伴美砂都

ひんやりとした夕暮れ

無題

ずいぶん長い間、日記を書かずに暮らしていた。何をして生きていたのか、よくわからない。存外穏やかに、暮らしていた。小説は少しずつ書いている。ときどきはつらくなる。…

今日の話

今日は仕事が休みだった。朝、起きて、しばらく転がっていた。義母から連絡があり、今度久しぶりに義父の面会と食事に行くことになったので、それだけでなんとなく緊張して…

今日の話

起床即不安というふぜいで、あまりよろしくない。空は、晴天だった。ここ最近、気持ちは雨のほうが楽で、若い頃は、雨の日のほうがしんどかったような気がする。晴れの日の…

最近と今日の話

一週間、日記を書かずに暮らした。小説は、少しずつ書いている。あまり思うように書けていないような気はする。ともかく、ほんの少しずつは書いている。心が迷ってしまう原…

今日の話

雨だった。車屋さんに、午前中に行かねばならなかったので、アラームをたくさんかけてなおヨロヨロしながら9時に起きた。わたしはまた駐車場の壁に車をぶつけてしまって(2…

ここ数日の話

数日だけ、日記を書かずに暮らしていた。仕事に行き、帰って、家事をして、ごはんを食べたりして、あとは、日記以外のものをなにか書いたりして、静かに暮らしていた。 図…