見出し画像

パスからヌルを作成パネル


パスからヌル…?

2017年10月リリースの新機能。くわしく
現状で大体満足していて、なかなか新機能をチェックしに行かない為、この機能を最近知った。
AE使いの皆さんは既知なのだろうか?

ウィンドウ > パスからヌルを作成パネル というのを選択すると出てくる。

パスを選択した状態で、「ポイントはヌルに従う」を押下すると、自動でポイントにヌルを親子付け(エクスプレッションで)した状態にしてくれる便利機能。
(つまり勝手に平面フォルダ、ヌルが作られる)

ヌルを自動で作った後は、ヌルにオブジェクトを親子付けする事も出来る。

「ヌルはポイントに従う」「パスをトレース」もあるが、扱い易い & 使い道がある となると、「ポイントはヌルに従う」が一番使うかな?といった所感。


ヌルが嫌な人はビームで

「ビーム」というエフェクトで、上記に似たものが出来る。
「パスからヌルを作成パネル」を試してみて「なんだビームじゃん」と思った。

エフェクト > 描画 > ビーム に入っている。

・「長さ」を100%にしたのは、始点から終点まで線を描画する為。
・「柔らかさ」を0%にしたのは、パキッとしたベタ塗り線分にする為。


どっちが優秀?

パスからヌルを作成

メリット
・線だけでなく「塗り」もできる!
・自動でヌルが作れる!
デメリット
・勝手に平面フォルダとヌルが作成される
・ヌルやパスの名前を変更すると崩壊する(参照元がなくなる為、追従しなくなる)

(動画では「塗り」試してなくてすみません)


ビーム

メリット
・関連付けたものが把握・管理し易い!
・レイヤー名を変更しても崩壊しない!(レイヤー名やエフェクト名ではなく、パラメーターを参照している為)
デメリット
・エクスプレッションが苦手な人には不向き
・「塗り」が設定できない
・下準備が手間

お好みでどうぞ。

ではまた。


Vook noteのmisakicはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

美味しいプリンを食べます :)

ありがたやー
1
motiongraphics designer @FUK

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。