20180427タイトル

公明党の勢力分布を初公開・市区町村別に比例得票率を地図化(2017年衆院選精密地域分析Part5)★

公明党の比例得票率を地図化し、過去の分布と比較します。

公明党の勢力分布

以前、維新を別個にしたうえで与野党の得票率を比較したところ、西日本で与党がリードし、東日本で野党がリードする傾向が明らかになりました。(与党2553万票と野党4党2610万票の広がり

上の地図からわかるように、この東西の与党勢力の偏りを作っている大きな要素は公明党によるところが大きいです。また、小選挙区ではこの比例票が自民党に乗るため、西日本で与党が非常に強い傾向があらわれます。

自民党に選挙協力しているため小選挙区での議席は持たないものの、得票率1位の沖縄県、2位の福岡県は地盤をなしていると言えるでしょう。それに対して小選挙区で4議席を持つ大阪と2議席を持つ兵庫では必ずしも突出した比例得票率があるわけではありません。

政党支持率

公明党は48回衆院選で、比例票が700万票を割り込んだことや小選挙区での落選があったことが注目されました。しかし支持率は非常に安定していて低落が見られません。46回衆院選と比較すれば比例得票数もほぼ横ばいとなっています。

47回衆院選(2014年)との比較

上の「公明党得票率」の地図は47回衆院選(2014年)での公明党の比例得票率を表示したもので、「差分」の地図は48回衆院選の得票率から47回衆院選の得票率を引いた結果を表示したものです。

47回衆院選と比較すると、東北地方で票を維持しているものの、地盤であるはずの西日本を含む広い範囲で得票率を落としていることがわかります。その中で沖縄だけ突出して票が伸びている点は重要なので、後でまた取り上げます。

散布図:公明党はどのように票を減らしたのか

第47回(2014年)衆院選の得票率を横軸に、48回(2017年)衆院選の得票率を縦軸にとり、1896の市区町村をプロットしたのが上のグラフです。グラフの右に行くほど前回選挙の得票率が高く、上に行くほど今回選挙での得票率が高くなっています。

衆院選の比例代表ではじめて700万票を割り込んだことについて、安保法などに対する公明党の姿勢が創価学会内部の離反を生んでいるという見方がありました。その点については今後の選挙を踏まえて十分検討する意味がありそうですが、相関係数が0.931と大きいのは2回の選挙での得票率の大小がよく整合することを意味しており、基盤の固さがあらわれているといえるでしょう。

沖縄県で異様な変化を検出

48回衆院選から47回衆院選の得票率を引いた地図について検討すると、沖縄での伸びが突出して大きいことがわかります。全国で公明党の得票率が伸びた自治体の上位10位を検討するとこのようになりました。

1位 沖縄県北大東村
2位 沖縄県伊是名村
3位 高知県檮原町
4位 和歌山県北山村
5位 山梨県丹波山村
6位 岡山県新庄村
7位 沖縄県名護市
8位 福島県三島町
9位 愛知県豊根村
10位 沖縄県金武町

中でも注目なのが上位10自治体のなかで唯一の「市」であり、圧倒的に多くの有権者数を持つ「沖縄県名護市」です。47回衆院選と48回衆院選の得票率を示しましょう。公明党の得票率の増加はどこから来たのでしょうか。

グラフからは、公明党の得票率が15.1%から22.0%へと6.9ポイント増加しているのと同時に、自民党の得票率が28.5%から22.1%へ6.4ポイント減少していることがわかります。これは自民党が公明党に票を流した可能性が疑われる結果と言えそうです。

名護では辺野古の基地建設を巡り、自民党にとって極めて重要な市長選挙が2018年2月4日に予定されていました。それだけでなく今年は沖縄の「選挙イヤー」にあたり、1月21日の南城市長選、3月11日の石垣市長選、4月22日の沖縄市長選が続き、さらに9月には統一地方選が、11月には県知事選が控えた状況です。こうした中で自民党は公明党の支持を取り付けるため、比例票を流して揺さぶりをかけたことが考えられるでしょう。この衆院選の後、公明党は名護市で態度を変え、自民党候補の推薦を決めています。

関連記事:2017年衆院選精密地域分析Part1(立憲民主党)★
    :2017年衆院選精密地域分析Part2(立憲民主党)★
    :2017年衆院選精密地域分析Part3(希望の党)★
    :2017年衆院選精密地域分析Part4(共産党)★

番外編 :与党2553万票と野党4党2610万票の広がり

Twitter : はる/みらい選挙プロジェクト@miraisyakai
Facebook : 三春充希(みらい選挙プロジェクト)
note: みらい選挙プロジェクト情勢分析ノート
今回のようにタイトルに★マークを付けた記事は、もともとはプロジェクトのレポートとして販売できたらと考えていました。しかしそのような形にするのは多くの人に向けて開かれた選挙分析を追求する立場と食い違ってしまい、悩ましいものがあります。さしあたり一般公開としますが、下に「サポートをする」ボタンがあるので、良いと感じたらサポートしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートとても助かります。必ず大切に使わせていただきます。*(๑˘ᴗ˘๑)*

17
社会を変革する手段としての正確な政治情勢分析を、誰からも独立して探求しています。著書に『武器としての世論調査――社会をとらえ、未来を変える』(ちくま新書)。自由にフォローしてください。Twitter: https://twitter.com/miraisyakai