見出し画像

「今のところ大丈夫です」は本当?

相田良子/職場力向上アドバイザー

人は頭の中でたくさんの事柄を考えています。

ふと思いついたことから、ずっと悩んでいることまで。

消えては浮かぶの繰り返し。

いつかやろうと思っていることもたくさんあります。

毎日の「やること」「やるべきこと」に追われる日々。

結局、悩みも問題も解決までには至らない。

「今、困っていることはないですか?」と聞くと返ってくるのが「今のところ大丈夫です」の返事。

本当に大丈夫?

「雑談」しながら聴いてみた

新プランを開始するにあたって、モニターのご協力をお願いしました。

お知り合いの経営者さんに最初言われたのは「今困っていることがないですけどね」でした。

一応引き受けていただき、オンラインで60分雑談をさせてもらいました。

雑談ですから、家庭のこと・仕事のことなど何でもです。

終了後、会話の内容などをレポートにまとめ提出します。

すると後日連絡があり、サポートプランにお申し込みをいただいたのです!

頭の中の整理をしてもらえるスッキリ感

「困っていることはない」と言っていたのに、話をするうちにご自身の課題が見えたのでした。

順調な仕事に対して大丈夫だと思っていたけれど、実は不安要素があった。

それは表向きには言えないことで、自分一人で抱えていたようです。

実際に口にしてみると、「あれも出来る、これはどうかな」とアイディアが出て来ました。

聴いている第三者の私からすると、すでに不安要素ではなくなっている。

自分では見えて(気づいて)いなかったことが、他人の目を通して見えてきたということです。

頭の中のごちゃつきを一緒に整理することで、前進するきっかけになりました。

モニターを依頼した方からは、「考えがまとまりました」「スッキリしました」と感想をいただきました。

「一人で頑張らない」がいい

経営者に限らず、フリーランス・個人事業主の方も頑張り過ぎないで欲しい。

一人で出来ることには限界があるのです。

「大丈夫」という言葉は自分の視野を狭めるものでもあるのです。

上に立つ人ほど他人に頼るのが苦手な気がします。

上手く他人の手を借りてみる。

周りの人間は「大丈夫」に惑わされない心配りをしたいですね。

今はリモートワークで直接様子が分からない職場になりつつあります。

お互いが「本当に大丈夫?」と思いやる社会であって欲しいと思っています。








相田良子/職場力向上アドバイザー
職場の課題を見つけ出し、居心地のいい環境作りをサポート。働く誰もが笑顔でいられる社会を。 子どもたちにイキイキと働く大人の姿を見せていきたいと考えています。 https://switch-press.com