見出し画像

2018年あったねこんなこと、考えたこと

前2つくらい書きすぎたので、今回は雑多な感じに今時点での気持ちをそのまま書いとくというシンプルな日記を。


2018年1番気になってる技術的負債

→CiscoのIOSで動くWLCというかCT5760、お前のことだそ。直後にでてきたAironetに全てを奪われてしまった。出て、1〜2年で後継機出ないよなとなったせいかweb上からと技術的な情報が消えつつある。身の回りでもちゃんと使える人はかなり少ない。これどうすんだよ、学習しても使いどころ少ないぞ〜。
と思ったらcatalyst9800が発表されていた。IOS XEベースとのことだが、また立ち戻るのか?Ciscoは無線においては迷走がすぎる。


2018年1番買うべきか悩んだラノベ

→灰と幻想のグリムガル。去年のアドベンドカレンダーにも書いた作品。その後、驚異的な失速。最新刊の前の巻はワクワクしながら買ったけど、すでに内容も怪しい。最後にパーティーメンバーが1人減ったことを除けば内容はなかった。そして、最新刊。ふと気がつけばリリースされていたが、あまりのアマゾンレビューに買うのはもはやお金の無駄なのでは?と思えてきてしまって買っていない。
みなさんも是非このレビューを見てほしい。
https://amzn.to/2Qi0Uet

2018年注目度を急に上げたチーム

→ロサンゼルスレイカーズ。名門だけど、最近はウォリアーズで快進撃を繰り広げたルーク・ウォルトンをヘッドコーチに招聘するも全く復活の兆しが見えず。
ウォリアーズの快進撃、ルーク・ウォルトン自体もすごいのでは?と感じていたがスティーブ・カーとそのコーチ陣がすごかったんやなと納得させられる。

そのタイミングで、チームとして閉塞感がすごかったキャバリアーズからキングレブロンを獲得。この時点ではそんなにワクワクしなかったが、お笑いプレーと驚きのブロックを繰り出すマギーとペイサーズでしか活躍できないことで有名なランス・スティーブンソンを獲得。
スティーブンソンファンの私の心を鷲掴みに!スティーブンソンはペイサーズ以外でも活躍できることを証明しつつあるもKCPが復活しつつある上にSGが割と手厚いレイカーズでどこまでプレイ時間を確保できるのか心配である。マギーは笑えるミスと驚くほどまっとうな活躍も見せている。
レイカーズも今年は運が良ければプレイオフ出れそうだが、コービーだより→引退して暗黒期の焼き直しになるだけのような気もする。

今日のアウトプットはここまで!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。