若さとはなんだろうか。


若さとは無知である。よく聞く言葉だ。この言葉の続きは、無知とは無謀さであり、そして無謀さとは可能性である。というようなものであろう。

一理ある。僕が今まであった若者はみなこの若さに突き動かされ、そして夢を見、価値を高らかに語っていた。僕もそうだった。形のない大きな何かがこの先に待っているのだと信じていた。

だけど、若さとは永劫ではない。みないつか老いていく。

では一体いつ、老いていくのだろうか?

それはきっと、神を見、虚無をみ、そして絶望を許容し、世界ではなく、自分自身で何かを語り、諦めと冷徹の中に自分の人生を見出したときであろう。

もっと、シンプルに言えば、もう道を歩く必要も何かを渇望する必要もなくなったときだ。

若さとは無知であるからこそ、外部によって定義された何か価値といわれるようなものに陶酔し、そしてそれに熱狂できる。だが、思考することはいつまでも、人に若さを享受できるような甘えを許してくれるものではない。

急がねばならない、多くを知ってしまう前に、多くを知らなければならない。老いてしまう前に、若さを発揮せねば。

僕は老いが悪いものだとは思ってはいない。

老いこそ、人生の始まりだと思っている。

ただ、無謀な若さでしか準備できないものがあるといっているだけだ。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
思考に映す。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。