見出し画像

みんなでファッションショー ~車椅子ドレス~

みんなでファッションショーで 車椅子ドレスを表現します W2-DRESS KUMI MIYAZAWAです。

逗子のフェスティバルの車椅子ドレスファッションショーは2019年から始めていて、既存のドレスをアップサイクルすることにもこだわっています。

そもそもなぜ車椅子?

画像1

きっかけはなに?

そもそもは脊髄小脳変性症という ドラマ「1リットルの涙」で有名になった稀な難病にかかってしまった母を見て  何かあるたびに障害と服は切っても切り離せないと思うようになっていきます。

そんな時 鎌倉のカマコンで登壇する武士から「車椅子用のウェディングドレスを作ってほしい」という依頼が来ました。

鎌倉の武士=高野朋也さん

小さいけれど 完全バリアフリーのゲストハウス彩りを経営されています


お話を詰めるうち おそらくレンタルウェディングドレスで使用されていただろう、裾が少し汚れたウェディングドレスが手に入りました。汚れた部分を取り外し 後ろ見ごろを取り外し、余った部分を つまんでお花にして・・・
背中に当たる後身頃はなるべく心地よいニットスムースを利用しました。

画像2

写真<CANドレス>

身長の小さな人でも着られるように取り外しの裾にしました。モデルさんは結婚する予定があるわけでもなかったのですが、車いすの上でとてもはしゃいで 写真をたくさん撮って 喜んでくれました。その姿を見て思い出しました。

女の子なら誰でもドレスを着ると ワクワクふわふわする瞬間がある。
車いすを隠すのでなく 車いすで可愛いドレスが作れれば・・・!

車椅子ドレスを作ると「自分がドレスを着られるなんて思っていなかった」とよく言われます。でも着れるだけじゃいけない。自分の好きなイメージやテイストが選べるくらいに デザインがないと、夢を選べないとみんなと同じとは言えない。

画像3

そんなことを毎日毎日考えているうちに 神奈川県の小規模事業者持続可補助金に採択され W2-Dressとして立ち上げることができました。


みんなでアート のみんなでファッションショー

みんなでファッションショーはデザイナーの世界観を前面に出すブランドのファッションショーとは異なり その名の通り みんなで楽しむファッションショーです。作り手も一人ではなく 障がいの方が発想するデザインもあったり 障害者を交えたアートワークで作るのもあったり。モデルさんも発達障害 シニア 車椅子ユーザー と色々です。ファッションという共通ツールを作るところから楽しみ 表現するその日をドキドキしながら待って楽しむイベントです。

アップサイクルにこだわる

ドレスってとてもたくさんのパーツや資材からできています。表が美しくシンプルに見えるドレスも 裏や中身は 肩がないものをずり落ちないように支えるボーンやパット スナップやゴムでいっぱいです。スカートのふくらみを出すチュールのパニエや幾重にも重なる生地 種類で行ったら20~30種類くらいのパーツを使うのではないかと思います。それをひとつひとつ国内で調達し作っていくとかなり高額のドレスになるのは当たり前ですね。ですが、一方で全く手を通されなかったドレス、レンタルドレスの処分品などもたくさん世の中にはあるのです。

車椅子は立位の健常者と比べて 後ろのスカートを長くトレーンを引きずるデザインができないため 後ろスカートが行き場がなく邪魔になってしまいます。要するに生地の仕様分量が圧倒的に少ないのです。

それならば新品でなくてもアップサイクルで作れるのではないか。

今回はそんな私の活動で知り合えた素晴らしい大先輩から なんとたくさんのドレスを寄贈していただきました。

ハンディ&シニア企画 代表菊池裕子様

1994年設立されたボランティア団体ですが、
高齢者・障害者がいつまでも明るく楽しく生活できるよう、
特に衣服における問題解決のための活動を継続しているのが特徴。
もちろん多少の実費は必要ですが、それぞれの体の状態に応じた
オーダーメイドやリフォームに、細かく対応が可能。
着物のリフォームドレスや、車椅子利用者・高齢者のための介護服を披露する
ファッションショーも14年間で150回以上開催!
さらに、イギリスやドイツをはじめ、キューバやスリランカなどを訪問し
衣服を通じた交流を、世界中で行っている団体です。


保存してまだ使っていないドレスをzどうアレンジしてくれてもよいというので、もう飛びついて 目黒まで取りに行きました。

画像9

画像4

画像5

ドレス寄贈 ハンディ&シニア企画 菊池裕子様

ピエールカルダンやオーダーメイド品のボリュームたっぷりのドレスたち。少しデザインが古いけれどそこはアレンジのしがいがあるというもの。

ドレス好きの人たちを集めて 細かいところはチクチクと。大がかりなところは大胆に。秋のファッションショーに向けて 始動を始めます!


みんなでアート みんなでファッションショーは 文化庁 「内閣官房 東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局(以下、内閣官房オリパラ事務局)」が管理する「beyond2020 プログラム」に参加しています

画像8

画像8

「令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業」

文化庁シンボルマークデータ30%









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます^ - ^
16
逗子の共生社会を体感するイベント『みんなでアート』をZAF2020で開催。 障がいがあっても 認知症でも 高齢でも 子どもでも 大人でも 自然に混ざり合い一緒に楽しむ、 当たり前の風景が逗子にあります。

こちらでもピックアップされています

W2-DRESS
W2-DRESS
  • 5本

車椅子ドレスを既存のドレスからアップサイクルして表現 豊富で個性的なデザインバリエーション

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。