見出し画像

良好な人間関係も仕事の出来も芸術品の創作活動も、「始まりは自分の中から生まれる」

こんにちは。
実は最近、今までかつてない規模の事業構想のとっかかりを始めている今日この頃なのですが・・・その過程の中でふと、改めて気付いたことをまとめていきます。

ズバリそれは何かと言うと、この先2〜3年の中長期的なスパンで、沖縄の離島、海沿いにヨガホール付きのリトリート宿泊施設を作ろうと動き始めています。
(進捗はこのnoteでも言える範囲で実況していきます⭐︎)

構想が浮かんだ時点でうっすら悟っていたのですが、これがなかなか・・・いえかなり!超手続きややること準備することが多くて大変なのです。(当たり前)

・土地の選定
・自治体の定める景観条例の確認
・保健所への営業許可確認
・融資を受けるための準備
・建物のデザインや間取り
・建築、設計士さんとの打ち合わせ
・細かい事業の流れや売上の計画


(´-`).。oO

( ^ω^ )

(°▽°)


ぶっちゃけ言うとこれらは工程のほんの一部でして、この他にも考えることやること準備することが山積みなのですね。

まあ、自分が好きで始めたことなのでそれはいいのですが、肝心なのは

「いかにしてこの構想をありのままに実現するか」


となります。ひとまずのゴールは決まっているので。
ただ、今回の計画はとても自分1人でどうにかなる問題ではありません。

金融機関の担当者、設計士、建築事務所の方々、投資家・・etc
多くの人を巻き込んで進めていかねばならない案件となります。

「ちょっと海外にひとりでいこうかな〜さあどの航空券とろうかな?どこに泊まろうかなルンルン♪」

くらいの気軽な計画であれば、自分の気分と予算だけでどうにかなります。
そこまで深く考えなくてもゴール達成となるわけです。


それに、私は以前かろうじて不動産業界に身を置いていたとはいえ、建築や設計に関してはド素人。

自分の家を建てたこともありません。

ただどんなリソースがあるのか?言うなれば

「この構想が実現した時に、どんな人や社会から需要があり(売上が立つ)、長期的に求められ続けるのか?(売上が立ち続けるのか?)」

「実際に、今までの自分はこうこうこういう実績をすでに残せることができてるし、現に私以外にも同じ場所や業界ではこれだけ結果がでている」

こうした根拠と信念を、目に見える成果として表れるまで解き続けるずうずうしさだけなのです。

私の頭の中では、すでに

「石垣島の海沿いにヨガホール付きのシトリーと宿泊施設を作ったあと」

の光景が浮かんでいます。
(それは妄想とも言います)

問題なのは、そこに辿り着くまでの方法が未知数であること。

私の今までの経験の中ではなかったことだらけだからです。

先日、とある建築・設計事務所の設計士さんと打ち合わせをした時のこと

私「コレコレこういう事業計画をしていまして・・今土地の候補が2つあるのですが、この広さで建てられる建物の大きさや、部屋の数はどれくらいになりますか?」

設「部屋は何部屋くらいを考えていますか?」

私「15〜30部屋の範疇で考えています。広さの内訳は大体○○・・」

設「なるほど。そうなると共有スペースが○○・・などて、こうこうこういうものが必要となりそうですね。ただ、まずは旅館業法のなかでどのカテゴリーになるのか?それによって作れる部屋の広さも変わるので、先にはっきりと自分が作りたい宿泊施設の概要を決めないと、話を進められませんよ。

私「えっ、土地選びも宿泊施設のカテゴリーも、先に広さによって作れる部屋数がざっくりでいいのでそこが分かってから売上の予測なども建てられることから、あくまでおおよその設計の方から確認するものとばかり思っていたのですが・・」

設「逆ですね。こちらとしては、依頼者の希望する条件や完成イメージをお聞きした上で、その広さに合わせて細かい内容を調整したり、提案していくのです。なので、まずはあなたが理想とする建物のイメージを明確に決めることが先なのですよ」

私「なるほど・・(この時点で目から鱗状態)それでは、自分が立てたい売上や建物のイメージ、事業内容をまずは決めてしまっていいのですね。そちらを伝えた上で、たとえば『ちょっとこの広さだと、この設備は工夫しないといけないのでは?』など調整してくださるのでしょうか?(まずは無茶振りしてもいいってこと?)

設「そういうことです。」

自分の中の固定概念がひっくり返った瞬間でした。

いや・・むしろどちらかと言うと、これまでの私は

「自分の人生も生活も、自分で選択して行動して決めていくんだ。誰かに決められた道なんて嫌だ!!」

もれなくGoing my way提唱がデフォルト、周りの方々と比べ平均よりは、わりと自己中心的な方だし、かなりの気分屋&人を振り回すタイプだと思っていました。

そんな私でも、この出来事で改めて実感したのは、

「何かを始める時って・・先に条件が○○だから、とか限界が○○だから、その枠の中でどうにかするのでなくて・・まずは、○○をやりたいから、そのために何が必要なのだろう?○○を実現するためには、どんな条件や限界があるのだろうか?」

先に自分の思い描く想像を、アートみたいに自由に描いていいんだ・・!!

視野が広がった瞬間でした。というか、まだまだ無意識に自分の固定概念に縛られている部分がたくさんあるのでしょう。

そんなこんなで、改めて今はぼんやりとしていた建物の構図や、思い描く事業やそこに関わる人たちの姿を想像しながら、まずは思いっきり理想とするフレームを描いている最中となります。

なんだかスッキリと自由な気持ちで取り組むことができています。

そう思うと、「始まりは自分の中から生まれる」ことは何事にも当てはまる節があるのではないでしょうか?

皆さんは日々暮らしていく中「どんなことを基準にして決断や行動をしていますか?」


今目の前で取り組んでいる仕事を選ぶ時、どんな基準で選びましたか?

今目の前にいる恋人やパートナーを選ぶ時、どんな基準で選びましたか?

今目の前にある食事を食べる時、どんな基準で選びましたか?

誰かに言われて選びましたか?

周りの人がみんなやっているから選びましたか?

社会や世間の目を気にして選びましたか?

自分の中から湧いてきた直感や感じたことを元に選びましたか?

環境や身近な人、憧れの人などお影響は誰しもが受けるものです。
影響を受けること自体は全く悪いことではありません。

ですが、最終的に自分の考えや行動を決めるのは自分です。

また、何か動き始める時に未来を描くことができるのも自分です。

そんな自分のスタンスを示すことで、周りの人の気持ちも動きます。行動が変わります。時には協力者が現れたり、邪魔をしてくる人もいるかもしれません。

自分から何か始めるまでの大きな動きまで行かずとも

・自分の代わりに思いを代弁してくれる人
・自分の代わりに思いを形にしてくれる人

こんな方達に賛同すること、応援者、サポーターとして声をあげることはできるかもしれません。これも「自分の中から生まれた思いと行動」になります。

大切なパートナーと良好な関係構築をするために、そのやり方や自分の希望を伝えることをせず、どちらか一方に丸投げしているだけでは構築は始まりません。

自分からグイグイと主張することだけではなく、「相手を信頼して全面的に任せる」ということも自分の選択と覚悟です。

もしかしたら、多くの人は日本の社会の雰囲気や教育方法の影響で、そこまで考える機会が多くなかった方も多いのかもしれません。

気づいたこの瞬間の今からでも、何かを変えることはたくさんあると思います。

今日も素敵な1日になりますように♡


心身を癒し、解放する石垣島でヨガリトリート企画しています♪






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mika Misawa / HYGGEリトリートサロン

事業の運営、スキルアップのための書籍や勉強に使わせていただきます。 温かいご支援ありがとうございます!

好きな食べ物は明太子
3
癒され,見つめ直し,また動き出す人を送り出します🌏 ▫️石垣島ビーチヨガ・リトリート ▫️心理カウンセラー・コーチング ▫️Sharing economy/Trip/small business/予防医学 https://www.yogatherapy-salon.com/