見出し画像

入浴備忘録

こんばんは、めっきり寒くなってきて冬らしくなってきましたね。
ギャップに身体が追いつけていません。
ずっと布団にいたい!さむい!

今月末から復職するのですが、
そんなことを感じながらも日常生活に支障もなく、心も身体も安定しています。(セルフ拍手)

さて、今日は『自分について考える』ことを強要された話です。

先日、うつ病に理解が全くない上司と
話す機会がありまして。

まー、ひどいことひどいこと。
散々な言葉の数々、頂きました。

正直、落ち込んだりムカムカしたり
話をした直後はすっごく気持ちが揺れました。

でも、私も少しだけ強くなっていたようで、

「この人は目の前にいる私のメンタルよりも、
自分の話したいことを話せれば良いんだ。」

とすぐに気づき、
『この人の話をまともに聞いても私にいいことはない!』とうまく切り替えることができました。

そして、その日話した数々の話は
脳内のごみ箱フォルダへ。


なんか、吹っ切れていて、
わたしも成長したな、と思います。

おそらく前の私はダイレクトに受け取って、
傷ついていました。

私は『今』を生きることしかできないんですよ。

そしてね、
心も身体もどん底の時に
自分のことについて命のことについて等々
永遠に考えました。答えのない問いを。
多分上司の想像を絶するくらい考えてましたよ、本当に。笑

でもいくら考えたって
どうなるかわかんなかったんですよ。
何も解決しなかったんですよ。

だから自分について考えるのは
今、必要なことじゃない。そう思っています。

私は『今』を全力で生きています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
23歳、ミニマリスト。 うつ病を治療しながら看護師として働いています。 ミネラルコスメ・石けんオフコスメが大好きです。 モットーは『肌に優しいコスメでモテる。』 わたしがどんな人間か、 どんな思考をしているのかなど ゆるりとお話しできたら🌿