見出し画像

「それならできそう!」と言われた美活・習慣化の方法

なかがみ 美帆(アトリエみんほあん)

先日、私が所属しているコーチングのコミュニティで「美容に関するおしゃべり会」に参加しました。無料のイベントで、気軽な集まりです。

私は4月から美活(健やかに美しくあるための活動)を続けていることもあり、イベントの告知を見て、即申し込みました。

参加してみた感想は、
「面白かった〜!あれもこれも試してみたい!!」でした。興味関心が似ている方とお話していると、「気になる!」がいっぱい。
それに、ご自身で試行錯誤されている方が多いです。
経験者だからこそわかる「生の声」を聞かせてもらうことができて、刺激になりました。

それなら、できそう!と言われた習慣化の方法


私がシェアした内容の中にも、参加者のみなさんから「それいいね!」と言ってもらえたことがあったので、ご紹介します。

それは、「美活を続ける考え方」

「何かを続けるって、難しい」と考える方は多いようです。

私は、6月から「1日1時間、美活の枠だけを確保する。枠の中で何をするかは毎日の気分で変えていい」と決めて、日々の美活をしています。
たとえば、ストレッチを多めにする日もあれば、肌のケアを丁寧にする日があってもいい。散歩をしても、ヘッドスパをしてもいい。合計1時間になればいい。ゴールは「健やかに美しくあること」だから、手段はなんでもいい。

この「1時間の枠だけ決める」考え方をお伝えしたら、会に参加された方から「その目標(考え方)、いいね!」と言われました。

ゆるく自分なりのペースで美活を続けてきた結果、筋肉は400g増え、体脂肪は600g減りました。ウエストやヒップなども、サイズダウンしています。運動不足型だった体型が、少しずつ標準体型に近づいてきています。

「習慣化」というと、同じことを継続することを思い浮かべる方が多いですが、必ずしも同じことを続ける必要はありません。

「何のために」やるのか(目的)が大事なのです。

手段(目標)は、コロコロ変えていい。コロコロ変えた方が、いい場合も多い。

なりたい姿・ありたい姿に近づくために行動したい方へ

なりたい姿・ありたい姿と今の姿にギャップがあるの時は、何か一つ、行動を変えてみることをお勧めします。

どんな小さなことでも大丈夫。1日10分でも、7日間続けたら70分です。
小さいことだからこそ実行できるし、「結果が出るまで」「試行錯誤しながら」行動を続けられます。

そうはいっても、

「いつもやることがたくさんあって、バタバタしている」
「何を優先して取り組むか、落ち着いて考えたい」
「忙しくて何から手をつけていいかわからない」
「頭がとっ散らかっている状態でも、じっくり話を聞いてくれる相手が欲しい」

時があると思います。

そんな時には、
コーチ・グラフィックレコーダー なかがみ美帆の「頭の中が見える化」セッションがおすすめです。

ご興味のある方は、サービスご案内ページをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なかがみ 美帆(アトリエみんほあん)
思い描いたことを、形にする。 チャレンジし続けたい人が、迷わず行動できる頭の中の見える化セッション、絵画・イラスト制作。 「一人ひとりの幸せが波紋のように広がって、世の中全体が豊かになる」と信じています。 コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴17年、第39回日展入選。