見出し画像

「起業初期、発信してきてよかった!」3つの理由

グラフィックレコーダーとして開業して、約1年。(本格的に活動を始めたのは昨年9月)

私は現在、Twitterやnote、音声配信、Instagramなどで発信をしています。

結果、「この1年、発信してきてよかった」と感じている。

今日は、その3つの理由を書きました。

「発信ってなんのためにするの?」
「これから開業する予定だけど、今の自分にも必要なの?」
「発信ってビジネスをする上で本当に意味があるの?」

などと感じていらっしゃる方の参考になれば幸いです。


一つ目。人となりを知ってもらえる。

画像1

自分がどういう人間か、発信によって知ってもらうことができます。
自分の人となりを知ってもらうことは、信頼関係を構築する上で重要です。
私はクライアントさんの内面に深く関わってくるようなテーマでお話を伺うことが多いので、尚更です。

自分という人間がどういう人間なのか知ってもらうことで、クライアントさんも安心して話すことができます。

普段から自分が考えていることや感じていることを外に出していくことは、クライアントさんのためにもなると私は感じています。

二つ目。思考の整理が習慣化する。

画像2


誰かに考えを伝えるためには、まず自分の頭の中を整理する必要があります。

・誰に何を伝えたいのか。
・結論と、理由は?

どんな順番で話すといいの?

「誰かに伝える」前提があると、頭の中を整理せざるをえなくなります。
頭の使い方が変わるので、「思考力」が上がるような気がしています。
(検証中です)

三つ目。アウトプットしたものがビジネスの種になる。

画像3

普段当たり前にやっていることや、作ってみたこと・考えていることを外に出すことで、仕事につながったケースが、私にはあります。

周囲の人が、「この人のこれ、面白そうだな」とか、「この人の強みや専門分野はこれなんだな」と認識してくれるからです。
最近も、あるワークシートを公開したところ、「すごい!そういうワークショップ、してほしい!」と声をかけてくださる方がいました。


この時、「自分が誰かの役に立てること」は人が見つけてくれることも多いんだろうな、と感じました。




今日の内容は、音声配信でも話しています↓



なかがみみほのサービスに興味のある方は、メルマガにご登録ください。


Webサイトもあります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです。
18
「描いた、その先へ」 チャレンジし続けたい人が、迷わず行動できるグラレコセッション、絵画・イラスト制作をしています。 「一人ひとりの幸せが波紋のように広がって、世の中全体が豊かになる」と信じています。 コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴17年、第39回日展入選。