水面 光

現代ファンタジーの1000字小説をのっけてゆきマス!(全文無料)

生き物の夢

あの夢を見るようになったのはいつ頃からだったか──赤と黒の金魚がちょっとした大きさの池にわらわらと泳いでいる。かと思うと約40センチのあり得ないサイズの金魚が俊…

12日前

宇宙の寿命

「ぎゃああああ!」「どしたん?」「わからない! 何かが僕の中に入ってきたんだよう! おしまいだ! 世界の終わりだ!」「落ち着いて、わけを話して」「──チューハイ…

12日前

20時間の消失

「こんにちは」男の声ではっと目を開け意識が一瞬で鋭敏になるのを認識した。横たわったままド近眼の目で壁掛け時計を見る。ちょうどほぼ昼の12時だった。どうやら起きな…

12日前

【ヒント】オレサマはチェリーボーイ

オッサンってつまらん話しかしないからな、だと? そう揶揄する暇があるのならお前が面白い話してみろや! どのみちお前もオッサンと呼ばれるようになるんだぞ? 一回絶…

2週間前

スクーターおねえさん

この辺でスクーターに乗っているのはたいていババア、いやもとい、年配の女性で若い娘が乗っているのを見たのはあれが最初で最後だった。──近くのコンビニと言っても往復…

2週間前

朝の光

そのバケツトイレは、母屋の階下におりて用を足すのがめんどくさいし、寝ぼけまなこでの長くて急な階段のリスクを考えたすえに、離れとの間にある板場に設置してやったもの…

2週間前