スクリーンショット_2019-12-03_17

チームラボプラネッツ|チームラボとデジタルアート

2019/9/30

大学時代、メディアアート、インタラクティブアートを制作していて、よくこれって、エンタメじゃない??アートじゃなくない??と考えて、結局答えは出なかった。

だから、チームラボがデジタルアートと名乗っていることに対しても、少し違和感を感じていた。

そして今回、チームラボプラネッツに行って、

これはアートって言ってもいいんじゃないか????と感じた。

多分ほとんどの来場客がこれらをエンタメとして楽しんでいる。

でも作っている人たちは、楽しむだけではない、表現や考えを作品に詰め込んでいることは伝わってきたし、アートの側面も持ち合わせていると感じた。

作品には、アートとエンタメの両面を持っていて、

「アート=作者の考えや表現を形にしたもの」

「エンタメ=鑑賞者が楽しむもの」

チームラボはその中で、エンタメを表面に打ち出していているだけで、奥の奥ではアートの部分があるのではないかと思った。

スクリーンショット 2019-12-03 18.12.05

スクリーンショット 2019-12-03 18.12.13

スクリーンショット 2019-12-03 18.12.23

スクリーンショット 2019-12-03 18.12.31


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
自尊心が強すぎて発狂して虎になる、山月記

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。