三神ザシアンヘッダー

シティリーグシーズン2 春日部KCC ベスト8 三神ザシアン

前書き

※この記事では非公式の略称(三神ザシアン、ピカゼクのような)を使用します。

 おはようございますこんにちはこんばんは、松川です。今回はシティリーグシーズン2で決勝トーナメントに進出、ベスト8に残った三神ザシアンについて解説します。こちらのデッキはシティリーグまで1週間を切った後に使用を決定し、対人練習も10戦しない程度で予選第一回戦を迎えたという割と時間対結果の効率が良いデッキです。途中より有料記事とはなりますが、”前書き”、”環境考察とデッキ選択理由”、”当日のマッチング”、”軸決定時の思考1. ドローソースの選択”については無料で読むことが出来ますので、CL愛知に向けての考察に使っていただければ嬉しいです。

環境考察とデッキ選択理由

 新弾発売直後のシティリーグ及び大型自主大会の結果を踏まえ、当日の環境は以下の通りになると予想しました。また、今回のシティリーグはCL愛知直前ということもあり、注目されていないがパワーのあるようなデッキを警戒する必要がないとも考えました(注目されていないがパワーのあるようなデッキはシティリーグで使うよりCLで使った方がCSPを稼げるため)。以下常態。

Tier 1 三神ザシアン、ピカゼクライライ、炎MM
Tier 2 超MM、水MM、タチフサグマ、レシリザキュウコン
Tier 3 モルペコドール、ズガアーゴ、コータス

 Tier 1の3デッキはデッキが回り切った時のパワーで言ったら三神ザシアンが頭抜けて強いが、ピカゼクライライや炎MMは最速で後手1から低くない打点を出すことが可能であり、その殴り遅れが原因で三神ザシアンが敗北する場合があると考えていた。故に、以上の3デッキはほぼ対等の存在であると判断した。
 そこで、いつものようにTier 1すべてに5分以上を取ることが出来るTier 1外のデッキをTier 2 やTier 3の内外から集め60枚のリストにした。しかしながらその多く、もっと言ってしまえばその全ては公式サイトのデッキ作成ツールにカードを入力している時点でTier 1のどれかに不利が付きそうなことに気が付いた。
 それならば、Tier 1の中で最もTier 1外のデッキに強いデッキを使用し、ピンポイントメタを必要最低限に留めたうえで汎用性の高いカードを多く採用することによりデッキの純度でミラーを含めたTier 1を、パワーでTier 2以降の有象無象を粉砕することにした。その結果として、最もポケモンの数が少なく済むため、ジラーチスタートによってゲーム開始と同時にアドバンテージを得やすく、必要なカードにアクセスするためのカードや基本の動きに関わるカードを多投しやすい三神ザシアンを使用することがベストであると考えた。

当日のマッチング

予選5回戦

1試合目:ズガアゴ6-0
2試合目:マグカルゴさるぢえコントロール6-0
3試合目:ミラー6-3
4試合目:モクナシゴリランダ―レックウザ2-5
5試合目:ヤミラミV6-0

→予選4勝1敗、4位で決勝トーナメント進出

決勝トーナメント
1試合目:MMカラマネロ0-3

→ベスト8、CSP30獲得

軸決定時の思考1. ドローソースの選択

ドロサポ

 三神ザシアンに採用されるドローソースはマグノリア博士、マリィ、シロナの3種類である。ここで、今更なレベルで基本的なことではあるがそれぞれのドローソースの特徴をまとめる。

・マグノリア博士
利点:一番多い枚数引ける、手札をトラッシュするためスタンプ耐性が高い
欠点:回収不能なグッズ(特にキャッチャー、スタンプ)を捨てざるを得ない

・シロナ
利点:悪くない枚数引けて手札を捨てない
欠点:使用前に手札にあったカードが戻ってくることがある、スタンプ耐性が低い

・マリィ
利点:使用前に手札にあったカードが戻ってこない、相手の手札に干渉できる
欠点:引ける枚数が少ない、スタンプ耐性が低い

 現行レギュレーションはエラッタ前キャッチャー、フラダリ、グズマと言ったカードが使用可能であった時代と比べて相手のベンチを呼ぶ行為の難易度が極めて高くなっている。しかしながら後述するが多発すると考えられるミラーにおいて相手のベンチを呼ばなければならない盤面が1試合に1回は生じると考えていた。そこで、終盤の必要な盤面にキャッチャーを残しておけるよう、マリィ・シロナをメインのドローソースとして考えるべきであると判断した。
 しかしながら、ミラーでは使用しなければならないカードの都合上スタンプで要求札を引けなくなった側が即負けするということも事実であったため、スタンプ耐性を得るためのマグノリアも採用する必要があった。そこで、序盤にキープするべき札をキープしながら終盤には山を掘れるということを重視してドローソースの比率を決定した。


 ここまでが無料部分になります。”デッキリスト及びその解説”には、”軸決定時の思考1. ドローソースの選択”には記載しなかった最終的なドローソースの配分が記載されています。また、軸決定時の思考2.と3.の内容は軸決定時の思考1.のように三神ザシアンというデッキを構築していくうえで詰める必要があると考えられるものです。CL前のデッキ整理に使えるものではあると自負しておりますので、もしよければご購入の上ご覧ください。

この続きをみるには

この続き: 8,028文字 / 画像7枚

シティリーグシーズン2 春日部KCC ベスト8 三神ザシアン

松川

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
にじさんじのオタクです 実績的なやつ ・CL2019京都53位(8-2) ・シティリーグ2020シーズン2ベスト8 ・高校生クイズ全国大会出場 ・ポケモンSM/USUMシングルレート2000超え多数、最高レート2098 ・笹キッズ Twitter:@BeatricePoke
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。