CL幕張思考の整理

※自分用メモ

環境考察
Tier1
・マッシダスト
・ゲコゾロ
Tier2
・サナニンフ (使用)
・ゾロアークGX系統
Tier3
・ゼクロム

→反省:環境読み及びそれに合わせたデッキ選択については特に問題無し。細かなギミックはもっと調整しても良かった。

マッシダストとゲコゾロが無難にデッキパワー強い。

従来のマッシダストではミラー面倒だしメタも貼られるのが見えてるからむずい。フェロマッシやイベルタル(エネ割るやつ)を入れてミラー確実に取る、マッシダストじゃなくてレジロダストにするなどの方法で生き抜くことは十分に可能。闘弱点以外へのプラン考えやすくなるから使うならレジロダスト。

→ここも従来型じゃ面倒ってとこは正解だと思う。レジロダストとマッシダスト改の優先度はいまいちわからん。

ゲコゾロはレッドナックルのマシャとミュウを盛ってゲコゾロ出さずリセットホールとやみのさけめ宣言しまくれば不利取るマッシダストに抗える。ただしレジロは勘弁。あとゲコゾロスタートしたら相手が軽率に祠置いてくれないと(=殴られずにゲコゾロにアセロラかける)GG、そういうプレイする人は勝ち上がってくれないので負けた時点でオポメチャ下がるので萎える。使いたくない。

→ゲコゾロで大勝ちしてる人見てないし使いたくない評価であってる。弱みがわかりやすいTAGは扱い大変。

環境考えれば考えるほどサナニンフは最強に見える。実際に使ったし60枚共有の民が完走したり布教した相手がベスト8入ったりしたのでデッキ選択は正解だった。マッシダスト→ゲコゾロ→サナニンフ→マッシダストのじゃんけんが今大会のメインと考えており、その矢印を最も簡単に返せるのがサナニンフだった。今後使う機会があるならせめて半分以上の試合でプラターヌ言えるように祈る。

→身内が結果出してくれたし選択正解。前日に話した黄色いやつを1週間早く気付いておきたい人生だった、プールに対して知識があるだけじゃなくてそのアウトプットが出来るようにって今後の課題。

ゾロアークGX系統がマッシダストに勝ち筋を作る方法をある人に教えてもらったがポケモンカードの才能がない私には実行出来そうになかったからやめた。食わず嫌いかとも思ったが練習不足を下手にかじって使ってもしょうもないので選ばなかったのは正解。

→あそこまで勝つとは思ってなかった。ゾロは他のエクのデッキより難しいのでひとえに使用者の練習と構築の賜物なんだと思うし素直にすごいと思う。

ゼクロムは本体よりサンダースEXが無難に強い。それだけ。

見直した時の自分へ
もっとカードプールのリストと睨めっこしろ。勝てるカードに前日気がついても遅い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
にじさんじのオタクです 実績的なやつ ・CL2019京都53位 ・シティリーグ2020シーズン2ベスト8 ・高校生クイズ全国大会出場 ・ポケモンSM/USUMシングルレート2000超え多数、最高レート2098 Twitter:@BeatricePoke
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。