完全公開!特殊部隊流セットアップ! ウォー・ベルトの正しい組み方

画像1

ベルト自体の作りにも種類がある。右はベルト裏地のパッドにメッシュがついたもの。中央はラバーコーティングされたもの。左は厚めのブロック状のパッドを間隔を開けて取り付けたもので、このタイプは他よりも空気の通りがよく蒸れにくくなっている。

「ウォー・ベルト」とは?

戦闘任務となると、プライマリーとセカンダリーの予備弾倉、救急キット、暗視装置、通信機、ブリーチング用の爆破薬、さらに手榴弾(又はフラッシュバン)などたくさんの装備品を携行しなければならない。一方で着用しているプレートキャリアやボディアーマーにはそれらを携行するための十分なスペースがあるとは言い難いのが実情だ。

フル装備をより効率的に携行するための解決法の一つは、「ウォー・ベルト」を使うことだ。ピストルを装備していない場合でも、多くの装備品を携行するのに役立つし、パッドのクッションが効いているので重くなっても快適だ。

名前は「ウォー・ベルト」「バトル・ベルト」などと製品によって異なるが、多くは本体に3列のモール・テープが縫い付けられ、内側にはパッドがついていて、本体は別のインナー・ベルトで腰に固定することは共通している。

この続きをみるには

この続き: 5,696文字 / 画像8枚

完全公開!特殊部隊流セットアップ! ウォー・ベルトの正しい組み方

mil-info

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

3
"MODERN INFANTRYMAN"をテーマに現代の歩兵戦闘技術を紹介していきます。 サークル「新・歩兵操典」では歩兵戦闘技術の知識の普及を目指し、現代の日本歩兵である陸自普通科隊員のために参考となる記事を配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。