見出し画像

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその2〜フォアグリップ、ライト、レーザーの選び方〜

アクセサリーはサポート・ハンドに近く取り付ける

ARやM4カービンにオプティクスやアクセサリーを正しく選んで装着すれば、戦闘において非常に有利だ。前回(その1)ではバットストックの正しい調整の仕方、軍用のA2グリップの欠陥、オプティクスの正しい取り付け方などを紹介した。その2ではフォアグリップ、ライト、レーザーについて説明する。

フォアアームにアクセサリーを取り付ける場合の原則は、サポート・ハンドにできるだけ近く取り付ける、ということだ。ウェポン・ライトやIRレーザーのようなアクセサリーは、指一本動かせば操作できる位置に取り付けるべきだ。

これらはサポート・ハンドをずらしたり、持ち替えないと操作できないようではダメだ。低照度または暗闇では対応が遅れてしまうからだ。

そんなことは当たり前、と思うかもしれないが、実際はIRレーザーやウェポン・ライトをおかしな位置に取り付けている兵士はたくさんいる。またその間違った取り付けに合わせてフォアグリップの位置を調整していたりする。アクセサリーを取り付ける場合は、自分がカービンを構えるためのグリップを邪魔せず、有利に戦える位置に取り付けなければならない。

画像1

この続きをみるには

この続き: 6,694文字 / 画像8枚

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその2〜フォアグリップ、ライト、レーザーの選び方〜

mil-info

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

2
"MODERN INFANTRYMAN"をテーマに現代の歩兵戦闘技術を紹介していきます。 サークル「新・歩兵操典」では歩兵戦闘技術の知識の普及を目指し、現代の日本歩兵である陸自普通科隊員のために参考となる記事を配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。