見出し画像

コロナ禍で再認識したBSと資金の重要性

皆さんこんにちは、公認会計士の姫野です。
コロナ禍により資金繰りの不安が大きくなった事業者も多いと思います。
今後も、不安定な状況がしばらく続くことが見込まれる中、特にリソースの少ない中小零細企業こそ、PLだけを見るのではなくBSや資金の情報も常に把握し、その数値を改善していくことを真剣に考えなければならない時代になったと感じています。

このコロナ禍であっても、事業を安定させている又は何とか維持できている企業は、何もこの危機の影響を受けづらい業種だけではありません。コロナの影響を受けているにもかかわらず、日々の財政状態をうまく管理していたおかげで保てている企業も多くあります。

日々の財政状態を管理するには、BSと資金を管理することに他なりません。

そこで、今回はBSと資金の大切さをめちゃくちゃ噛み砕いて書いてみたいと思います。
イメージを掴んでもらうためなので、細かいことは気にしないでください笑

BSとは

BSとは、貸借対照表の略です。
BSでは、

・(+)手元にあるお金
・(+)将来貰えるお金
・(ー)将来払うお金
・(ー)将来返すお金

の金額がわかります。

当然、今あるお金と将来貰えるお金が多い方が良いですよね。
入ってくるお金よりも出ていくお金が少ない状態をなるべくキープするために、今現状どうなっているか確かめるために見るのがBSです。

BSは、まず自分たちが抱えているプラスとマイナスをはっきりしよう、そしてそのバランスを保っていこう、というものだとイメージしてください。

そして、将来入ってくる「予定」と出ていく「予定」の金額が、実際にいつ実現するのかが重要です。

将来出ていくお金の額が大きくても、それが実現するタイミングが遅かったり、分割で実現するのであれば、大きな問題ではありません。
そのいつ実現するかというタイミングを見るのが、次に解説する「資金」です。

資金とは

資金を見るということは、お金の流れを見るということです。
PLやBSだけではお金の流れまでは見れません。

そして、資金を見る上で最も重要なことは、「予定」を把握することにあります。

BSのところでも書きましたが、BSではボリュームはわかっても、それがいつ実現するかというタイミングまではわかりません(長期か短期かぐらいはわかりますが・・)。

そこで、資金の管理すなわち「資金繰りの管理」が必要になってきます。

将来入ってくる予定のものや、将来出ていく予定のものが、それぞれどのタイミングで実現されるのかを予定として把握し、それが資金残高にどう影響するのかを管理していくことが重要です。

そうすることにより、外的要因で収入の減少が見込まれるのであれば、どの段階で資金的に厳しくなりそうか明確に把握することができ、支払いを延ばしたり分割したりといった交渉を行うなど、早めに手を打つことができます。

また、感覚的に資金が厳しいということはわかっていても、それが具体的にどれくらいかをが第三者に明示できないと、資金調達もままなりません。

具体的な金額と時期が明示されるとよりリアリティになり、対策もより具体的にできると思います。

まとめ

このように、BSと資金の管理はお金の量とその実現時期を把握することができます
全ての企業は、今のコロナ禍だけでなく、今後もリスクを抱えながら経営をし続けなければなりません。
そのような状況下でも成長曲線を描けるようにするためには、単純にPLだけを見ていくのではなく、将来を見据えたBSや資金を見ていく習慣をつけていくことが求められる時代になったのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
1
株式会社HIFAS代表、公認会計士の姫野省吾です。 資金繰り管理システム「milestone」を提供しています。 幼少期からバドミントンしかしてこなかったところから一転、会計士になり経営者となりました。 会計や経営・アスリートのビジネスキャリアについて独自視点でブログを書きます!