見出し画像

計画、予算は必要か

皆さんこんにちは、公認会計士の姫野です。
今回は小さな会社や中小企業にとっての事業計画や予算について書いてみたいと思います。

小さな会社に計画や予算は必要か

経営について相談すると、「まずは計画を作りましょう」「毎年予算を作りましょう」と言われることもあると思います。
しかし、「その通りに行くわけないから作る必要ない」「頭に入っているから大丈夫」といった理由で計画や予算を作成しないことも多いのではないでしょうか。

では、本当にそうなのでしょうか。

私の場合は、「ある程度は必要」と答えます。

事業が小規模のうちから綿密な計画や予算をたてることは、かえってそれが事業活動の足枷になったり、計画の立案作成分析に時間を取られてしまい、限りあるリソースを浪費してしまう可能性もあります。

したがって、綿密な細かなものではなく「ある程度」のレベルで計画や予算をたてることを推奨します。
特に小さな会社では「損益の予算」というよりも、「事業計画」を踏まえた「資金計画」が特に必要です。
他の計画は疎かになっても、「資金計画」はしっかりやった方が良いと思います。

前述したとおり、小さな会社は限りあるリソースをうまく使っていかなければなりません。

そのためには「資金」をいかにうまく「回す」かです。
資金の使途や資金の流入予定をたてて、計画的に資金をうまく回さなければ資金ショートして事業が継続できなくなる恐れがあります。

計画は作って終わりではない

計画を作っただけでそのまま放置してしまうケースも良くあります。計画は実績と比較して初めて意味をなします。

作った計画を定期的に実績と比較して行くことで、当初想定していたこととどう乖離しているのかを知ることができ、経営判断をするにあたりより具体的な情報を得ることができます。

また、計画を作ったまま放置する原因の一つとして、その計画が絵に描いた餅になっていることが多いです。

事業における計画は、ただの願望ではありません。
事業を成長させるために、いつ何をすべきか具体的な行動指針がそこに示されます。
そして計画をベンチマークとして、想定した通りとなっているのかどうか、想定どおりでないのであれば何が足りなかったのかを考える必要があります。

「今年は売上〇〇だったね」「今年は昨年より利益が〇〇増えたね」といった結果だけでは、望む時期に望む事業の姿になれないです。

経営者は常に未来に目を向けています。
先を見据えて、様々なことを想定しています。

簡単なものでも良いので計画や予算を作り、それと実績を比較し自分が先を見据えて想定したものと現実との差を確かめることで、「先を見据える力」を、事業を行う中で培っていくことができます。

計画と実績との乖離について原因を探り、「先を見据える力」を磨いていくことが経営の中で大事な要素ではないかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
4
株式会社HIFAS代表、公認会計士の姫野省吾です。 資金繰り管理システム「milestone」を提供しています。 幼少期からバドミントンしかしてこなかったところから一転、会計士になり経営者となりました。 会計や経営・アスリートのビジネスキャリアについて独自視点でブログを書きます!