Miku Kawai / exist architect
建築学部時代のこと。 [part 1: 絶望的に模型が作れない。]
見出し画像

建築学部時代のこと。 [part 1: 絶望的に模型が作れない。]

Miku Kawai / exist architect

10月の展示に向けて、ZINEを作成している。

10月の展示についてはこちらのページ。


ZINEには建築の作品も載せて、ポートフォリオとしても見れるようにする予定。今はその制作途中なので、

建築学部時代の作品を振り返りつつ、エピソードも交えてみる。


1. 建築学部1年生 前期

建築の学部に入ってから、私は完全に来るところを間違えたと思った。

模型が絶望的に作れないのだ。

手先が器用ではなかった私は、昔から工作が大の苦手だった。

模型が苦手、もはや嫌いで、入学当初から建築の設計の授業が苦痛。

1年生で通るであろう、アルヴァ・アアルトの建築の模型を作るのも、本当に嫌だった・・

夏休みの宿題として出された、どこかの西洋建築の図面。

死ぬかと思った。友達もまだできていなくて、質問や相談も気軽にできなく、あの時は本当に大変だった。毎日実家で泣きながらやっていた。(イヤイヤ泣き)。笑。

1年生の夏休みまでは、建築が嫌いだった。


高校受験や大学受験で落ちた時のように、自分は”できない”人間なのだと、考えるようになっていた。



つづく。

明日は [ 2. 建築学部1年生 後期 ]


+++

Miku Kawai

Website

Instagram

Podcast





この記事が参加している募集

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Miku Kawai / exist architect

Thank you🤍

Miku Kawai / exist architect
exist architect_artist_dancer 東京を拠点に、建築やモード、演劇を包括する第8-X芸術の制作を行っています。ウィークリーマガジン連載中。 + https://bit.ly/3eplqTZ