mikuhana

リハビリセラピストが地域で活動するということ。ほとんど、戦いですよ。

昨年の介護報酬改定から1年半、新しい取り組みを試行錯誤でやってきた。この1年半の審判が下り始めた今日この頃。
取り組み方法も結果も、私達の気分も、満点からは程遠く、落第スレスレの状況かな。。自主退学しないように、丁寧にやるしかない。

記念すべき100回目の投稿。継続は力なり。認知症啓発活動Run 伴の報告会&懇親会に参加。ケアマネや様々な事業所の所長さん、認知症に関心のある一般ランナーの方など、様々な方と繋がれた!!セラピストの活動だけでは視野が狭すぎる!目から鱗。楽しい飲みニケーション!よし!頑張ろう!

後輩のPT は介護予防の研修に進んで参加してるけど、参加するだけで終わってしまう。次の一歩って多くは仕事以外に展開しなくてはいけない。「どうしたら良いか分からない」って言う。でも、PT協会が手取り足とり導いてはくれない。 リハビリのこと地域に浸透させるには、動くしかない。

入院中の利用者さんの様子を見に病院に行ったら、ちょうどリハビリ中だった。ユニフォームに書いてある私の名前を見るやいなや、セラピストが「いつもご報告ありがとうございます!」と話しかけてきてくれた。病院サマリーに対して簡単に返事を書く取り組みが少しずつ浸透してきたかな。

「最後に一番大切なことなんですが、リハビリは漫然と続けるものではないので、今回リハビリをやってみた結果、専門家が関わる必要性が取り合えず終了ということになったら、通所リハビリは卒業になります。」→これ、第1回リハ会議におけるケアマネの言葉。ただただ感動。魅せるリハビリするぞ!

業務は多様化する。でもマンパワーは変わらない。うちのセラピスト達が愚痴り始めるのは大抵新規利用者の書類業務が滞っている時。セラピストの本能上、部屋に籠って書類業務をすることに後ろめたさを感じるみたい。気持ちよく書類業務に徹して貰うために、主任の私が業務改善案を出していくしかない。