見出し画像

私が モチベーションを上げる という言葉が苦手な理由

モチベーションは高いほうがいいは大正解

モチベーションは言うまでもなく大切です。

わかり易い例で言えばこうなります。

ディズニーランドにおでかけしたら…。
ディズニーキャストのモチベーションがあきらかに低かった。
これはがっかりです。

有名なイタリアンに行ったとします。
シェフのモチベーションがあきらかに低かった。
これもがっかりです。

命に関わる外科手術を受けた。
外科医のモチベーションがあきらかに低かった。
………。( U_U)

モチベーションは高いほうがいいに決まっています。
モチベーションの高い人は生き生き見えていてかっこいいというのもありますし、何より見ていて気持ちがいいですよね。

画像1

仕事ができそうに見えますので、ぱっと見初対面でも安心感あるし、実際にノッている時には仕事もうまくいくみたいな法則もあると思います。

モチベーションを上げる という言葉は苦手な理由

しかしこれが、モチベーションを上げるという言葉になると、私はちょっと敬遠気味になってしまうのです。

「ええ?そうなの。
モチベーションを上げるから魅力的な人になるんじゃないの?」

確かに、こう言われると一瞬言葉に詰まるんですが、どうしても違和感があるのでこうして書いています。

えっとですね…じゃあさっきの例を使います。
きっと皆さんも怒ると思いますよ。

画像2

ディズニーランドにでかけたら。
ディズニーキャストのモチベーションがあきらかに低かった。

キャストはやる気のない自分のモチベーションをあげようと、いつも待ち遠しい休憩時間のためにシュークリームを買っておいて、それを楽しみに接客した。

これはがっかりです。

バカにすんじゃねえ、こらこら、うるぁあ、こるあぁぁぁ。

次…

有名なイタリアンに行ったとします。
シェフのモチベーションがあきらかに低かった。

シェフはどうしても客の喜ぶ料理を創る気になれなくて、前の客が残していった高級ワインのボトル残りをグラスに淹れて、一杯引っ掛けてモチベーションを高めて料理を出した。

これもがっかりです。

バカにすんじゃねえ、こらこら、うるぁあ、こるあぁぁぁ。

次…

命に関わる外科手術を受けた。
外科医のモチベーションがあきらかに低かった。

外科医はやる気を出すために、看護婦に命じて厚生労働省が取り締まっている禁断の薬(くんよみしてください)をキメてから執刀した。

こらこら、うるぁあ、こるあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……。

文句をつけようにも手術失敗している可能性高し。
( U_U)

これなんです。
私のモチベーションを上げるという言葉に対する違和感は。

鼻をつまんで料理作って客に出していいのか

ここまで説明すると、ある程度は違和感を分かっていただけるかもしれません。簡単に言うと「鼻をつまんで料理作って客に出していいのか」ということです。鼻をつままないと作れないような料理をいやいや出して、お客さん喜びますか?

どうせ客なんか見てないから、オレが/わたしがどんな動機(モチベーション)でやってるかなんて、知るわけもないだろ。とか思って、こんなイラストのような心と態度で休憩時間過ごしてませんか?

画像3


ディズニーキャストのシュークリームもそうだし、外科医の覚醒(><)おっとNGワードか?もそれちゃうやろが。

医者の例は論外として、料理人はプライドないのかよ、ディズニーキャストは自分は楽しくないのかよ、と思うんです。

ムリにモチベーションを上げると歪みが出てくる

モチベーションを高く持つことは困難なのでしょうか。実際にモチベーションを高めるためのノウハウ本は山のように出版されて売れゆきも良さそうです。それだけみんな困っているのでしょう。

会社でも「モチベがね」とかいう言葉が、そこここで聞こえてくるのが当たり前になっています。

しかしですよ、モチベーションを無理してでも小手先で上げないと、商品作れないんだったら、サービス提供できないんだったら、それはあまりにもお客様をなめてませんかね。

それで社内研修の時間に「顧客満足(CS)」とか「顧客体験(CX)」とか受けていたら笑っちゃいます。

その笑顔は本物ですか?

画像4

明らかに批判になっちゃうので、ここでは紹介しませんが私がAmazonでその手の本をチェックしたら、モチベーションを上げる手っ取り早い方法は、脳を騙すことである ってのがあって、さすがにこれは絶句した。

自分を騙しただけでなく、それってお客さんを騙していることになる、そういうことにすら気が付かないんだろうか。

モチベーションを上げずに、モチベーションを高く持つ唯一の方法はある

不良ディズニーキャスト、不良シェフ、不良外科医にこう聞いてみたい。

思うに仕事を楽しんでいない人に限って、なんだかかっこつけて「モチベがどうもね」とか言ってる気がするんだよな。

では仕事を楽しむこととはなにか。

休憩時間を忘れてディズニーランドで接客すること
お客の驚きと感動の顔が見たくて料理すること
命を助けるために予定の手術時間を8時間オーバーして執刀すること

仕事はたのしいかね?
大切なのは、これじゃないのかね?
モチベーションを無理やり上げて仕事は楽しいのかね?

顧客満足も顧客体験もそこにしか真実はないと思う。
モチベーションでドーピングしても、それは勇者のタイトルを獲得する権利がない。金メダルは返却しなくてはダメだ。

【まとめ】モチベーションを高く維持する唯一の方法  それは顧客ファースト

じまんじゃないが、病気で退職する前は私はドーナツだけで会社で何度も徹夜したぞ。幸いにして、たいてい翌日のプレゼンはお客様に笑顔で感動されて、いい思い出だ。

もう昔の話で詳細は忘れたけど、これだけは言える
あのとき私に、モチベーションを上げることなんて必要なかった。

仕事は楽しかった。







この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

姉妹サイトもよろしくね! https://note.com/yukkymarketing

興味を持っていただき感謝です!
28
「人は変われる」この言葉が大好きな20代後半の独身女性です。仕事は集客コンサルとライティングです。ツイッター(フォロアー数1.6万)とnoteを組み合わせたマーケティングが得意。 【姉妹サイト】https://note.com/yukkymarketing

コメント2件

思いやりのないモチベーションは不要ということですね。
まさにそう思います(^o^)
人を不幸にするモチベーションいらーん。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。