見出し画像

こういうつながりが 心底楽しくて泣く(;_;)

 ええと流れを整理しますと。

 みこちゃんが変な遊びしてるんですよ。文豪の文体真似て自作小説書いているのですね。

 なんかもうカオスなんですが、よかったら是非過去記事を
 (^-^)。

 それはどうでもいいんですけどね、みこちゃんの作品の中身は。

 嬉しかったのは、chihayaさんのお言葉です。

みこちゃんの下のシリーズを娘に読ませたところ、さらさらっと書いてしまいました。

  どのくらいの夜を、人は迎えるのか。実際に数えると不安ですが、一つの夜はもう一つの夜をつないでくれる。

 お嬢様が何歳なのか存じ上げませんが、これをさらさらですか…。

 細部の単語の絶妙な使い方と、全体の文章のリズム感がすごくておどろきました。おそらく遥かに年下の方に、みこちゃんも次の夜もあるんだなと、つないでいただきました。

 夏目漱石の真骨頂である、漱石流の起承転結が、くっきりと出ている。

 何ごともなかったかのように、何事かが胸の内でそっと消える。消えたときにこそ逆に…。

 その時に夢は現実になるのかな。

 そのような思いをいだきまして、おどろいて思わず記事でご返信させていただきました。

小僧はたしかに光を灯したのである。

  その光が見えたと思います。

 ぜひ次回のみこちゃんコンテストにはお母様、お嬢様と一緒にご参加いただけたらとおもいますです。

 部門賞の下読み講評とみこちゃん奨励賞のコピーは全部ありますです。楽しいコミュニケーションをしたい。それが審査委員全員の願いです。

 ぜひ、ご参加いただければ幸いです!

 猫が背景になっている。素敵です(^-^)。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしすぎる♪
116