見出し画像

stand.fm始めるかどうか迷ってる人!ちょっとでいいから読んで欲しい…

最近、stand.fmの話しかしていない気がします。

それほど楽しいし、音声配信がこんなにも簡単にできるのは画期的。1週間ほど使ってみて、いろいろ分かったこと・感じたことがあるので書いてみたいと思います。

「えー、始めようかな?でもな〜〜」

と悩んでいる方に読んでいただきたいです。

stand.fmとは?

簡単な操作で誰でも配信できる音声プラットフォームアプリです。
(公式サイトより引用)

そう、Twitterで最近よく見かけると思うので、なんとなくわかると思うのですが、簡単に音声を録音し、それをすぐさま配信できるサービスです。いわゆる自分のラジオ番組をなんの費用も必要とせずに、すぐさま始めることができます。(ラジオ番組というと少し身構えてしまうので、個人的には音声配信と言っています。)

stand.fmの魅力とは?

1. 操作が超簡単でサクッと収録できる!

これが録音の際の画面なんですけど、すごくシンプルなデザインです。誰に説明を受ける必要もなく、始めることができました。音声の切り取りや追加の録音もできるのですが全て感覚的に使用することができます。

UIが美しいので「んッッxん!」となることなく楽しく収録と配信が可能。BGMを挿入するのもボタンひとつ!素ん晴らしい〜〜この手間がかからない設計があることによって心理的に「すぐ録れるぞ!」となって続けやすくなっています。


2. 音質が良い

私はいつも、自宅でiPhone片手にマイク部分に近づけて話しているだけなのですが、変な雑音も入らず綺麗に収録できます。一度イヤホンをつけながら収録もしたのですが、イヤホン無しの方が綺麗でした。(イヤホンのマイクが当たってガサゴソ)この音質が良いって結構重要だと思っていて、録ってる方も聞いてる方もストレスなくできるのがヘルシーです。

一人でしか録音したことがないのでこの方法でバッチリなのですが、複数になったらどうしたらいいんかな…どなたか教えていただけると嬉しいです。


3.エンドユーザーの声を拾いながらサービスを素早く改善している

stand.fmはまだ出来て間も無いサービスなので改善点があります。(もちろん最初からパーフェクトに近いものなんてありえないですからね…)
ですが、エンドユーザーの声をすぐさま拾い、改善を日々行っている印象です。

つい先日もプロフィールにSNSのリンクをつけられるようになったり、放送投稿時にカテゴリ設定できるようになったり。私も「頂いたコメントに返信できるようになってほしい」とツイートしたところ、stand.fmのディレクターのまりつんさんがリプライをくださりました。(すごいなぁ)

4.LIVE放送がすっごく楽しい

昨日、初めてLIVE放送に参加したのですが、それがとても良い体験になりました。収録されていた方が、お気に入りのYoutuberを紹介したと思ったらリスナーがコメントで別のYoutuberやチャンネルを紹介。そうしたら、収録されていた方がその場でYoutubeを再生。

すぐさま感想を言い合うみたいな超絶リアルタイムなコミュニケーションが生まれていました。

普段全く接点のなかった人どうしがひとつのチャンネルをきっかけに知り合うのは新鮮。チャンネルページにはSNSのリンクもあるのでその後Twitterでも繋がりました(!)

最初、音声配信は難易度高い!と思っていましたが…

Twitterやnoteで文章を書くことはある程度慣れていたのですが、音声はちょっと…と最初は思っていました。でもやっていくと楽しいですし、実際に他の方のチャンネルを聞いてみるとどの方も聞き入ってしまうほど楽しいんですよね、、、

声って不思議なもので、その人の人柄を感じやすいので文章だと堅そうな人だったけど喋っているのを聞いてみると印象変わるなぁ!みたいなことが結構あって…

たとえ、話している時に詰まってしまってもそれはそれで、味になるのであんまり自分でハードルをあげないことが重要だと思います。(自分への言い訳言い訳)

会社の人には「朝礼みたい」と思われてしまいましたが、めげずにのんびり更新していきたいと思います!

最後になりましたが、ぜひ私のチャンネル「今夜、ホテルのバーで」を聴いていただけると嬉しいです〜〜!ホテルのことやヒップホップのこと、京都のおすすめスポットなどについて話しております。〈PR〉←笑

私の周りでも「この人、stand.fm始めないかな〜〜」って人がたくさんいるので後押しの意味でもまとめました。ぜひ!一緒に楽しみましょう〜〜




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
え!めっちゃ嬉しいです!
124
HOTEL SHE, KYOTO ホテルスタッフ|CHILLNN PR |耐久消費財専門の広告制作会社でプランナーと仮設材メーカーのマーケを経てL&Gに|ブティックホテルとHIPHOPが好きです

こちらでもピックアップされています




日常と回想録
日常と回想録
  • 2本

ホテルスタッフの日常と回想録

コメント (2)
おー!
以前、ピトパという声のSNSをやっていたことがあるのですが、
YouTubeの他に想いや気づきをサクッと伝えられるラジオをやってみたかったのです^^教えてくださり、ありがとうございました。

SAEKOさん、サポートまでありがとうございます🙇

その用途だとピッタリだと思います!!!素敵なラジオライフをお過ごしくださいませ〜!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。