「整形が認められる世界」を作ります

「整形が認められる世界」を作ります

こんにちは。みきしぃです。

私がこれから作ろうとしている世界。それは
「整形が認められる世界」です。


突然ですが私は、何年か前にテレビでやってた
『私の何がイケないの?』という番組がとても嫌いでした。

当時見ていた方にはイメージが伝わるかと思いますが、
対象となる人物を晒し上げて集団で批判し、見世物にして、マイノリティーを排除するような下品な番組です。

私が高校生だった頃、たまたまつけたその番組では「整形」を特集していました。(※テーマは毎週異なります)
整形している人物をスタジオの真ん中に座らせ、江角マキコを含むMCやタレントが質問攻め&説教。それに対し、整形している人物は猛反論。整形を肯定するような内容ではなく、どちらかというと整形する人をやばいやつのような目線で紹介するような番組でした。

最終的にタレント達は「整形という手段を取らなくても幸せになれる」「昔の顔が良かった」などという言葉でコーナーを締めくくります。

当時の私にとって、この一連の流れは凄く悲しかったし腹立たしかった。

顔で困ったことのない側の人間の無神経な回答。
整形という手段をとった人を否定する言葉。
努力した人間への「昔のほうがよかった」という発言。

この人達は本当に、何もわかってない。
これでは整形する人達が救われないじゃないか。
誰も理解してくれる人間はいないのか。

当時の私には凄く絶望感が襲いました。

人の価値観を否定して、「あなたがやったことは間違っている」「テレビの言ってることが当たり前」かのように公共の電波を使って発信する下品な番組は心底気持ち悪い。今はもう無い番組ですが、当時視聴者からの批判が凄かったとか。

番組としては、整形している人を見世物にしてとても面白かったことでしょう。珍しいし話題性がありますから。
だけど、それを見た

・今現在容姿にコンプレックスがあり、整形を検討している人
・既に整形をした人

にとってはとても不安になる内容だったのではないでしょうか。
整形をすることが、こんなにも世間では厳しい目で見られてしまうのかと。

その問題を経験したことのない人間が、経験した人間を批判するような行為は絶対にあってはならないです。

貧乏を経験したことが無い人、虐待を経験したことが無い人、いじめを経験したことが無い人、ブサイクの人生を経験したことが無い人。

物事の当事者ではない人間が、他人の人生を批判する権利は全くありません。芸能人の不倫問題に偉そうに口出してる人間も同類です。当事者にとっては「お前関係ないだろ」でしかありません。

私が作ろうとしている「整形が認められる世界」
まずはこのようにメディアから広まった、整形の「間違った価値観」「悪いイメージ」を払拭することが必要となってきます。

・整形は後ろめたいこと
・一度やったら依存してしまう
・だんだん崩れていく
・メンテナンスが必要
・資金源が不明

大体イメージはこんなものかと思います。
中でも、

「整形は後ろめたいこと」

これは非常に厄介な価値観です。
この価値観のせいで、結婚相手に打ち明けられない、子供を産むのが怖い、周囲や子供に昔の写真を出せないなど嘘に嘘を重ね、ずっと本人が「持たなくていい罪の意識」を持ってしまっていることが問題なのです。

親からもらった体に傷をつけるなんて、だとか、詐欺だとか。
そんなもの全部「うるせぇ黙れ。今の姿が本当の私だ」と言ってしまえばいいのです。
実際、私も整形前は「この顔は本当の顔じゃない。本来はあの子(美人)と同じ人生を歩むはずだった。こんな扱いは絶対におかしい」というスタンスでした。
あなたが今罪の意識を持っていることも「やらなくていいこと」であり、「無駄なこと」なのです。なぜなら、認めてくれる環境は絶対にあるから。断言できます。私の職場がそうです。誰も否定してくる人はいません。むしろこの活動を応援してくれます。会社のHPや名刺もTwitterと連動してるので、もちろん取引先や家族もこの活動を知っています(私はただのOLです)


冒頭の話に戻りますが、この間違った価値観を植え付けたメディア。
私はこれからそのメディアに出て、整形の価値観を塗り替えていきたいと思っています。
容姿にコンプレックスを持って生きづらい人、整形をしても後ろめたい気持ちがある人。みんなの居場所を私が作ります。















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
レディオブック株式会社の経理 / ブサイクの人生に耐えきれず、高校卒業した翌日に整形(現在第四形態)。180度違う世界の人生を謳歌中。ここでは、私の今までの人生や症例Before・after写真の掲載、エピソードなどを掲載していく予定です。