見出し画像

ミッドライフクライシス(中年期の危機)に効く「アイデンティティ再構築ワークショップ」を開催します

2020年6月13日(土)13:00〜15:00、私が代表理事をつとめる一般社団法人Beautiful 40's初のオンラインによるワークショップ「『じぶん編集シート』を使った35歳からの『アイデンティティ再構築ワークショップ』」を開催。私がファシリテーションをいたします。

大学院にて2年間、研究に打ち込んだ結果を、誰もが使いやすいワークショップ形式にまとめたものです。

■なぜ「アイデンティティの再構築」が必要なの?

「ミッドライフクライシス(中年期の危機)」という言葉を聞いたことがありますか? 35歳を過ぎた頃から人生になんだかモヤモヤしている方は、この「ミッドライフクライシス(中年期の危機)」に直面しているのかもしれません。それを打開するにためには、「新しいアイデンティティ」を構築することがとても有効です。もちろん40代、50代、60代のみなさまも!

■どんなワークショップなの?

ワークの考案者は私。大学院の研究所で「中年期女性のアイデンティティ再構築」を研究しており、その方法を探ってきました。使用するのは「じぶん編集シート」と名付けたワークシート。グループでワークを行いながら使うことで、自己効力感や他者との関係へのプラスの認識、自己信頼などが高まることが確認できています。これを今回、男女にかかわらずお受けいただけるワークショップとして開発しました。

ユングは40歳を「人生の正午」と言いました。それ以降は、同じものごとも違う面から光が当たり、ゆっくりと夕暮れに向かっていくということです。そして、発達心理学では「大人もずっと成長し続ける」ことが明らかにされています。言葉を換えれば「大人になっても成長を意識していれば、それからの人生がより良いものにできる」ということ。

そのために必要なものは「中年期の新しいアイデンティティ」なのです。私と一緒に、新しいアイデンティティを構築するきっかけをつくりませんか?

「40代をすぎて、自分らしさがよくわからなくなってしまった」
「もうすぐ定年。その後、僕はどんな風に生きていくんだろう?」
「これから100歳まで生きていくにあたり、自分とどう向き合えば良いか」

こんな方におすすめ!

先着順6名まで、参加費は5,500円。リンク先Peatixでお申し込みくださいね。

Peatixはこちら。
「じぶん編集シート」を使った35歳からの「アイデンティティ再構築」ワークショップ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
5
フリーランス編集者/ライター。旅と写真とワイン。2匹の猫と同居中。(株)マガジンハウスの女性誌編集者を経てあらゆる「伝える」をお手伝いするEDIT THE WORLD & CO.を設立。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所研究員。

この記事が入っているマガジン

Aquatic diary
Aquatic diary
  • 11本

日々のことを書き留めていきます。1999年に始めた「ホームページ」に書いていた「日記」がふと懐かしくなり、日常を書き留めていくことも自分にとっては意味のあることだと改めて感じたものですから。その時の日記のタイトルもAquatic diaryでした。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。