見出し画像

また乾杯「できたら」しよう。

現在、25歳になった僕はほとんどお酒を飲みません。昨年、2019年にはお酒を飲んだ回数はたった「4回」です。365日あって4回だけですからね。皆さんはどのくらい呑みますか?その4回も自らというか、会社で飲まないといけない為でした。

僕はお酒を飲めないわけではありません。それでも「飲まない」です。

僕が初めてお酒を飲んだのは20歳になった誕生日です。最初に飲んだアルコールは「赤ワイン」でした。ビールでもなく、カクテルでもなく、最初に赤ワインをなぜ飲んだのかって・・・無理矢理飲まされたんです。僕は飲みたくないと言ったのに。脅されて飲みました。

誰に脅されたかと言うと。

母親に脅されて・・・・。

いや、この流れ、大学の先輩に脅されてとかイメージしますよね。違うんですよ。「母」ですから。「先輩」じゃないですから。「母上」ですから!!!!

誕生日にたまたま実家に帰って晩御飯食べていたら

「あんた、酒飲みな!」

は?ってなるじゃないですか。

どこぞのラピュタだと。「30秒で準備しな!」だと。

じぇじぇ!!ですよ。びっくりしましたね。

無論、断りますよ。

「いやだ!」

飲むつもりないですからね。普通に友人と飲もうと思っていましたから。

そうしたらですね。

「ここで飲まないと、仕送りもしないし、学費も払わないよ!」

「失礼ながら母上、飲まさせて頂きます。」

多分。10秒の出来事でしたね。

この会話で僕のお酒童貞は卒業することになりました。


そんな感じで僕のお酒人生がスタートしたんですが、学生時代は普通に飲んでいました。友人とも居酒屋に行ってお酒を飲みましたし、ビアガーデンにも行きました。

しかし、急に「お酒」を飲まなくなりました。

僕タバコも吸わないんですが、タバコって体にいい事ないなって思っていて吸わないんです。友人はタバコを吸っていたら「タバココミュニティ」が出来て仲良くなれると言っていましたが、「ふ〜ん」って感じでした。

タバココミュニティと似ているのか、僕の会社では「飲みニケーション」が大事とか言われています。

僕は言いたい。

酔った時にしか話せない事ってなんなの?

お酒を飲むのは楽しいし、素敵な事だと思います。でも、大事な話というか、「熱い話」をするのはお酒を飲んだ時だけというのが理解ができませんでした。

シラフの方が記憶もしっかりしているし、真面目に話せるんじゃないかなと思うからです。

お酒なしで食事はダメなのかなって思います。

だって、

お酒飲めない人だって沢山いるのだから。

アルコールに弱くて飲めない人・アレルギーで飲めない人・病気で飲めない人。

理由は人それぞれですが、飲めない人だって沢山いるんです。けど、やはり日本人、飲める人が多いから「飲まないとダメ」みたいな空気があります。別に飲めなくてもいいけど、飲まなかったら仲良くなれないみたいな。

お酒は飲んでいたら強くなれるから!

自分も弱かったけど、飲み続けたら強くなれた!

一口だけでいいから!

こんなことを言う奴らの口にコンクリートをぶち込みたいです。

飲めないものは飲めないんだ。みんながお前とは違うんだ。

そんな気持ちが芽生えてきて、お酒を飲まなくなったのかもしれません。

僕の周りにはお酒が弱い人が沢山いました。

友人たちから聞きました。

相談を受けました。

でも、僕は助けてあげることができませんでした。

お酒がなくたって楽しめる。

お酒がなくたって仲良くなれる。

その友人たちとは何度も乾杯をしたことがあります。

「お茶で」

次にあったときは

「また乾杯しよう」と約束をしました。

「できたらお酒で」

#また乾杯しよう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みけ

「noteで生きていく。」僕の夢です。 noteのフォロワー1位も目指しています。 馬鹿げている夢かもしれません。 でも・・・・叶えたい。 もしよろしければ、サポートのほど宜しくお願い致します。

あなたのスキがモチベーションになっています。
29
北海道在住.26歳.185cm.「ホッキョクグマ」やってます。                                    生きることについて、面白おかしく記事にしております。                                     将来の夢は「旅人」