見出し画像

他人への賛美

「ありがとう」を言ってもらえる世界。

ゲームの話はあまりしないことにしていましたが、「どうぶつの森」の話です。

このゲームは任天堂が生み出したシリーズで擬人化された動物とプレイヤーの分身とがたわむれるゲームです。

そのスマートフォン版が先日リリースされたのでさっそくやってみました。ちなみに自分はこのシリーズを今まで一度もプレイしたことがありません。

さっそくやってみて思うのはとにかくこの世界がとてもやさしい世界で構成されていることに気づきました。また「他人への賛美」を強く感じます。なんというか「ありがとう」や「すごい」を言ってもらう機会がすごく多いのです。

この「他人への賛美」で驚いた例として、とある動物の横でつりをしたとします。そこで魚を釣り上げたところ、たまたま隣にいる動物が拍手をして一緒に喜んでくれました。

ゲームのキャラクターというのは自分から会話をしないと自身の感情が生まれてこないというものが多いと思います。そんな中で隣にたまたまいただけというなかで突然拍手をされるというのは突然の驚きとともに非常に嬉しい出来事でした。

「どうぶつの森」はただキャラクターがかわいいから人気があるのではない。そんな要素が垣間見えたような気がします。

#日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはサムネイルに使っているダンボー撮影の小道具に使わせていただきます。

今日も更新することができました。ありがとうございます!
29
日々感じたことをエッセイとして毎日書いています。サムネイルはほぼ自分で撮ったもので、最近はダンボーがお気に入り。キャッシュレス生活実行中。自己紹介のnote: https://note.mu/migmin/n/nefbe5d1f38df

コメント4件

私もまさに同じ状況です 言葉にして貰ってありがとうございます 偶然ここで会えて感動です
>>Koukei Meifuku さん
いえいえー。純粋に感じたことをnoteに書いただけです(笑)
本当このキャラクター達のやさしさというのはすごいというかなんというか「ただのやさしさ」ではない何かを感じます。現実世界とはまた違った何かではあるのですが無機質なキャラクターと現実との中間にいるような、そんな存在に思います。
twitterフォローさせて貰いました
>>Koukei Meifuku さん
遅くなりました>< ありがとうございます。つぶやきは少なめですがよろしくです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。