見出し画像

のぼりの使い方間違っていませんか?

集客にとても費用対効果の高い「のぼり」
しかし、使い方を間違えるとその効果は半減してしまいます。
なので今日は改めて「のぼり」についてお伝えさせていただきます。
 
まず、のぼりはとても安価でできる販促のひとつです。
数千円からできて継続的に集客ができる。
このような販促はあまりありません。
 
なので業態が合えばぜひ、取り組んでいただければと思います。
 
そして、その「のぼり」の使い方ですが
間違っているものとしてまず一つ目に
 
複数のデザインの「のぼり」を複数設置している

こちらを挙げさせていただきます。
 
のぼりは、あくまで通りかかる人に認知してもらうことが目的です。
 
なので伝えることが複数あると情報が多く
どれも記憶に残りにくくなります。
 
また、情報の強さも分散してしまうので
せっかくの「のぼり」の効果が半減してしまいます。
 
なのでのぼりで伝えることは一種類。
3つのぼりをたてるなら
全て同じデザインで同じ内容。
 
伝えたいことが複数あるのなら
2週間に1度など定期的に交換で対応してください。
 
また、同じのぼりをずっと使い続けるのも
効果的ではありません。
のぼりも毎日見ていると風景と同じになってしまうので
あっても意味が無くなります。
 
なので定期的にデザイン・色を変えたのぼりに変更することが必要です。
 
そして、効果的なのぼりにするために
ぜひ、オリジナルデザインで制作してみてください。
既成品でも効果は見込める場合はありますが
既成品ではお店のブランディングやこだわりを
伝わらないので
お店のオリジナリティを表現するために
制作することを小島はおススメいたします。
 
少額で出来る販促でも
しっかりとコストをかけるところにはかけるべきです。
 
それでも、他の販促と比べて少額でできるので 
コストが抑えられるのぼり。
ずっと出しっぱなしにしないで
定期的にメンテナンスしてみてくださいね。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

この続きをみるには

この続き: 0文字

飲食店で働く方が心から安心して相談できるコミュニティ

¥500 / 月
購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!