今年はどうする?恵方巻
見出し画像

今年はどうする?恵方巻

飲食コンサルタント小島のりあき

恵方巻。今年は木曜日ですね。2月3日。

方角は北北西。

こちらの説明がわかりやすいですね。

恵方巻きの方角は?2022年節分はいつ?由来・食べ方のルールを知り開運!

https://allabout.co.jp/gm/gc/220582/

All About

こちらのサイトにはこう記載されております。

恵方巻きの食べ方作法・ルールは?

節分に食べる恵方巻きの特徴は、何と言ってもそのユニークな食べ方でしょう。まずは一般的なルールを説明します。

・太巻きをひとりにつき1本準備する 福を巻き込む巻き寿司なので、縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。

・恵方を向く その年の歳徳神がいる方角で、何事も吉とされている恵方を向いて食べます。

・願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる しゃべると運が逃げてしまうため、食べ終わるまで口をきいてはいけません。さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。

引用元:All About様  https://allabout.co.jp/gm/gc/220582/

良いですよね。

福を巻く。

というキーワード。

 

このキーワード。

あまり使われていないようなので

ぜひ、使ってみてくださいね。

 

そして、恵方巻。

今年はやりますか?

 

恵方巻というとイメージとして

「ブームに乗っかっている」

「単なる販促」

ととらえがちですが

こう考えてはいかがでしょうか。

 

お客様と接するチャンス。

今、お客様と接する、対話する、連絡を取る。

これができていないお店多いのではないでしょうか?

 

そうした時、どんなことであれ、

お客様と接する機会として

コンタクトをとれるチャンスを逃す手はないと思います。

 

これを表面上の販促と考えれば、

恵方巻をやる必要ないと思います。

 

しかし、これをお客様とコミュニケーションをとるためと

考えると全く考えは変わると思います。

お客様を笑顔にできるチャンス。

 

こう考えてみていたければと思います。

あと2週間ほどなので

恵方巻を販売される方は、今日すぐに動いてくださいね。

何も具材は海鮮である必要はないので

笑顔になる福を巻いてくださいね。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

【1日1改善】毎日更新843日目

https://migiudesp.com/365/hanjyoushikou/11242/

#恵方巻はお客様と接するチャンス

#恵方巻をやるべきか

#飲食店

#コンサルタント

#支援

#飲食現場24年

#店外売上で月数百万アップ

#2000万売上アップ

#ビジネス

#個人飲食店

#月1万円個別コンサル

#販促

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
飲食コンサルタント小島のりあき
飲食業界24年毎日試行錯誤してきて現場で生まれた個人飲食店の繁盛の根幹から右腕の立場でサポート ご依頼は▶https://migiudesp.com/ Facebook▶https://www.facebook.com/n0riaki1977