協力金税金対策の準備はOK?
見出し画像

協力金税金対策の準備はOK?

個人事業の方は特にチェック。
協力金は雑収入となるのは以前お伝えしましたね。
 
その他にも
持続化給付金
家賃支援給付金
休業要請協力金
小規模事業者持続化補助金
IT導入補助金
雇用調整助成金
小学校休業等対応助成金
働き方改革推進支援助成金
すべて課税対象です。
 
今年、経費が少なく収入が多い場合、税額が跳ね上がる可能性があります。
 
例えば、(わかりやすくあくまで数字はイメージです。)
通常は毎月の売上が200万で年2400万
経費+控除で2300万の場合課税対象額100万に税金がかかるイメージが

8月末まで休業していて
協力金を800万と売上400万で1200万の収入に対して
経費が全然かからずに家賃の240万と4か月分の経費で240万で
控除入れて545万を引いても課税対象額が700万近くなります。
 
700万と100万の課税対象額では大きく税金が変わってきます。
 
これは大雑把な計算ですがイメージとしてはこんな感じです。
なのでこの12月、しっかりと計算していないと
見たこともない額の税金が来る可能性もあります。
 
今からできることは、減価償却の対象外の設備投資、
1年未満の耐用年数のものや10万円以下のもの。
または青色申告者は、耐用年数に関わらず10万円以上30万円未満の資産を一括で減価償却することが可能な少額減価償却資産の特例も節税に活用できる場合があります。
(要件あり、詳細は中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5408.htm )
 
税理士や青色申告会などでアドバイスももらえると思いますので
ぜひ、早めに行動をしていただければと思います。
でも無駄遣いはNGです。
また、キャッシュが足りないのに投資しても危険度が増すだけです。
しっかりとお金の流れを把握して脱・どんぶり勘定で。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

【1日1改善】毎日更新794日目
https://migiudesp.com/365/hanjyoushikou/10820/
#協力金税金対策
#給付金
#飲食店
#コンサルタント
#支援
#飲食現場24年
#店外売上で月数百万アップ
#2000万売上アップ
#ビジネス
#個人飲食店
#月1万円個別コンサル
#販促

ここから先は飲食店繁盛会のサービスのご案内です。

110円で小島に相談できます!

月1万円でコンサルタントにご相談が気軽にできる
飲食店繁盛会の10Xバーチャル本部。
 
初月は110円で相談できます。
(初月で合わなければ解約すれば110円の投資です)

詳しくは動画をご覧ください。

とりあえず、無料でメール会員+になる

とりあえず無料のメール会員+に登録しておきたい方、
こちらからお申込みください。

※メール会員+は一切費用はかかりませんのでご安心ください。
  ↓
新規登録

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
飲食店24年 個人店を愛する飲食店コンサルタント 小島のりあき
飲食業界24年毎日試行錯誤してきて現場で生まれた個人飲食店の繁盛の根幹から右腕の立場でサポート ご依頼は▶https://migiudesp.com/ Facebook▶https://www.facebook.com/n0riaki1977