見出し画像

個人飲食店の優位性を活かそう

回転寿司の競争が激化していますが、
これはこれからの飲食店の課題が表面化していると思います。
 
実際に視察の中、感じたこととして
今日お伝えさせていただきますが
それは個人飲食店の優位性に繋がると思います。
 
今、回転寿司業界はコスト増大の波を受けて
熾烈な競争をしています。
 
これは低価格業態の課題が浮き彫りになっています。
 
そして、コスト増大以外にももっと深刻なことがあります。
それは食材の安定した仕入れです。
 
円安が深刻化している今、
国内企業が海外企業に買い負けることが起きています。
今まで日本で簡単に仕入れてきた食材も
安定した入荷が困難になっています。
 
しかし、個人飲食店は安定した食材が無くても
創意工夫で手に入る食材でお客様の喜ぶ料理を
提供することができます。
 
小回りが利くことがこれからの時代には
とても大きな優位性となると小島は考えております。
 
今までコスト面での大手チェーン店の
大きな優位性がありましたが
これからは個人飲食店の優位性を活かしてみてはいかがでしょうか。
それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^


この続きをみるには

この続き: 0文字

飲食店で働く方が心から安心して相談できるコミュニティ

¥500 / 月
購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!