間違いだらけの値上げしていませんか?
見出し画像

間違いだらけの値上げしていませんか?

飲食コンサルタント小島のりあき

昨日、値上げのお話をさせていただきましたが

では、値上げする時、一律に100円とか値上げしていませんか?

今日は値上げで失敗しないように

間違いだらけの値上げについてお伝えさせていただきますね。

 

冒頭でお伝えした、

一律値上げ。

 

これはできるだけ避けていただきたいと思います。

 

一律値上げが受け入れられるのは、

例えば、小麦が上がって一般の方にも周知されていて

ラーメン全品30円値上げという場面。

 

小麦の仕入れ価格が上がったから

ラーメンが値上がりしたという明確な場合です。

 

でもこの場合でも一律値上げは気を付けたいです。

例を挙げると

チャーシュー麺  1000円

メンマ葱ラーメン  880円

ラーメン      780円

 

という価格で30円値上げを行うと

 

チャーシュー麺  1030円

メンマ葱ラーメン  910円

ラーメン      810円

 

となります。

いかがでしょうか?

 

明らかに高く感じるかと思います。

なので出来るだけ全体として高く感じないように

個々に検討する必要があります。

 

チャーシュー麺    1080円

メンマ葱ラーメン    930円

ラーメン(半熟味玉付き)880円

ラーメン        780円

 

のようにラーメンは据え置きですが

味玉付きのラーメンを加えて誘導するPOPを付ける。

 

ラーメン780円で入店して

「当店の半熟味玉は・・・」といいうPOPで

880円のラーメンを注文してもらう。

 

結果、100円の客単価アップしつつ

値上げの30円と味玉の原価20円を考えても

値上げ効果は出せます。

 

ここでの覚えて欲しいポイントは

個々のメニューにはそれぞれの役割があるという事。

 

このそれぞれの役割があるのに

一律で考えること自体間違いだといえます。

 

他にも、間違いだらけの値上げとしては、

細かい値上げ

もあります。

 

お客様のことを思ってだとは思いますが、

 

焼き鳥

・もも肉  130円

・むね   130円

・手羽先  230円

・つくね  130円

・かわ   130円

・なんこつ 130円

・せせり  130円

 

このメニューを細かく値上げして

焼き鳥

・もも肉  130円→150円

・むね   130円→160円

・手羽先  230円→240円

・つくね  130円→170円

・かわ   130円→140円

・なんこつ 130円→140円

・せせり  130円→160円

 

としたらいかがでしょうか?

 

とても価格はわかりにくく

ひとつひとつ価格を気にしながら注文しなくてはいけなくなります。

 

なので値上げするときには、

価格をわかりやすくすることも大事となります。

 

この場合は、10円単位をなるべく揃えることが必要となります。。

 

なにも原価30%にしなくて良いのです。

 

10%のものもあって良いし

50%のものもあって良い。

 

トータルで設定した原価になればOKです。

今日は値上げで失敗しないように

ポイントをお伝えさせていただきました。

それでは一日一改善で顔晴りましょう(^^

【1日1改善】毎日更新847日目

https://migiudesp.com/365/hanjyoushikou/11277/

#値上げで失敗しないように

#個々のメニューにはそれぞれの役割がある

#飲食店

#コンサルタント

#支援

#飲食現場24年

#店外売上で月数百万アップ

#2000万売上アップ

#ビジネス

#個人飲食店

#月1万円個別コンサル

#販促

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
飲食コンサルタント小島のりあき
飲食業界24年毎日試行錯誤してきて現場で生まれた個人飲食店の繁盛の根幹から右腕の立場でサポート ご依頼は▶https://migiudesp.com/ Facebook▶https://www.facebook.com/n0riaki1977