飲食コンサルタント小島のりあき

飲食業界24年毎日試行錯誤してきて現場で生まれた個人飲食店の繁盛の根幹から右腕の立場でサポート ご依頼は▶https://migiudesp.com/ Facebook▶https://www.facebook.com/n0riaki1977

メンバーシップに参加

■なにをするサークル・コミュニティか 個人飲食店経営の方や飲食店で働くアルバイト・パートさんがリアルでは話せないことを安心して相談できるコミュニティを目指します。 ■活動方針や頻度 基本、小島以外は匿名での参加で。ぶっちゃけトークで。掲示板への投稿頻度は月に4回以上おこないます。掲示板は毎日チェックします。 ■どんな人に来てほしいか 飲食店で働く方なら誰でも。飲食店を開業したい方や飲食で勤務する方で楽しく働きたい方は特に。 ■どのように参加してほしいか 安心して参加できる場にしたいので他の方を責める方はご遠慮ください。

飲食店で働く方が心から安心して相談できるコミュニティ

¥500 / 月
  • 活動期間に応じたバッジを表示
  • メンバー限定掲示板を閲覧できます

飲食コンサルタント小島のりあき

飲食業界24年毎日試行錯誤してきて現場で生まれた個人飲食店の繁盛の根幹から右腕の立場でサポート ご依頼は▶https://migiudesp.com/ Facebook▶https://www.facebook.com/n0riaki1977

メンバーシップに加入する

■なにをするサークル・コミュニティか 個人飲食店経営の方や飲食店で働くアルバイト・パートさんがリアルでは話せないことを安心して相談できるコミュニティを目指します。 ■活動方針や頻度 基本、小島以外は匿名での参加で。ぶっちゃけトークで。掲示板への投稿頻度は月に4回以上おこないます。掲示板は毎日チェックします。 ■どんな人に来てほしいか 飲食店で働く方なら誰でも。飲食店を開業したい方や飲食で勤務する方で楽しく働きたい方は特に。 ■どのように参加してほしいか 安心して参加できる場にしたいので他の方を責める方はご遠慮ください。

  • 飲食店で働く方が心から安心して相談できるコミュニティ

    ¥500 / 月

    飲食店現場24年の経験があるコンサルタントが寄り添う相談の場です。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー限定掲示板を閲覧できます

マガジン

  • 飲食店で働くすべての方に困難を乗り越えるマインドセット

    小島は24年飲食店で様々な困難を経験して乗り越えたり回避したりして歩んできたことを経営者だけでなくアルバイトや正社員にも役立ていただければ飲食業界全体の底上げにつながるかと思い始めたマガジンです。飲食店に勤務している方で悩んでいる方上手くいかないと感じている方などフォロー・登録していただければと思います。

  • 飲食店の繁盛思考マガジン

  • スタッフ教育

    飲食店のスタッフ教育についてお伝えいたします。 飲食店の店長やスタッフ、アルバイトに教える方の役立てる内容を投稿します。

  • 飲食店のためのGoogleマイビジネス

  • ランチ営業の儲け方

ウィジェット

  • 商品画像

    近代食堂 2022年 03 月号 [雑誌]

  • 商品画像

    エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する

    グレッグ・マキューン
  • 商品画像

    はじめよう! ノンアルコール: 6つのアプローチでつくる、飲食店のためのドリンクレシピ109

  • 商品画像

    売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

    神田昌典
  • 商品画像

    儲かる飲食店の数字

    河野 祐治

最近の記事

何故やるのか?デカ盛りメニュー

大手チェーン「びっくりドンキー」が 史上最大級の“びっくりサイズ”「ガリバー」メニューを 10月13日~11月24日に販売するようですね。 https://gourmet.watc… こうしたデカ盛りメニューは、 様々な業態で行われていますが、 どんな効果があるか考えてみたいと思います。   まず、何でも同じですがやるからには 何故やるのか? これを明確にしておいた方が良いと思います。   何故やるのか? を決めておかないと 商品開発から販売、提供まで 何となく行ってしま

スキ
1
    • 飲食店は来店する理由を明確にしよう

      今年も残り3か月過ぎました。 通常なら会社関連の大型宴会はもう予約が入っているはずですが 今年もまだ様子見の会社が多いようです。   そうなると、今年も大型宴会は少ないことが予想されます。 そして、大きく減った大型宴会の取り合いも熾烈となると思います。   こうした情勢から宴会は、あくまで日常営業の延長線と考えた方が良いといえます。   今までは、宴会戦略で宴会だけ集客することができましたが、 これからは、宴会集客だけに力を注いでも 獲得コストが上がってしまい、美味しい商売で

      スキ
      2
      • 常にバッファーは持っておこう

        いつも100%で行動することは スゴイ頑張っているので良いことだと思います。 しかし、一生懸命やるのと 100%で常に行動するのは必ずしも 同じとはいえません。   そして、100%を常に出すことは 小島はおすすめしません。   必ずゆとりを持つことを意識してみてください。   その方がいい仕事、良い行動ができると思います。     はい。今日の小島は100%出しすぎて この時間の更新となってしまいました。   自分を諌めるためにも。。。 それでは一日一改善で顔晴りましょう

        スキ
        1
        • 店舗改善を始める前にこれだけは準備

          10月入って年末までに店舗改善を進めるお店も多いと思います。 実際に個別相談も多くなっていますので 改善を行う前に先に伝えておきたいと思います。 その方が効果的な改善ができますので。   これだけは準備しておいた方が良いのは・・・   まず、受け入れる心の準備です。   何事も受け入れる準備が出来ていないと 「でも…」 「やっぱり…」 「うちは…」 と後からやらない言い訳をしてしまいます。   これは当然で、 人は変わらないことを優先的に選択します   脳は変化を嫌います。

          スキ
          1

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 飲食店で働くすべての方に困難を乗り越えるマインドセット
          飲食コンサルタント小島のりあき
        • 飲食店の繁盛思考マガジン
          飲食コンサルタント小島のりあき
        • スタッフ教育
          飲食コンサルタント小島のりあき
        • 飲食店のためのGoogleマイビジネス
          飲食コンサルタント小島のりあき
        • ランチ営業の儲け方
          飲食コンサルタント小島のりあき
        • 飲食店のためのランチ弁当最適化
          飲食コンサルタント小島のりあき

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 飲食店勤務での悩み相談承ります

          リアルでは話せない飲食店で働く人悩み相談コミュニティ プランへのご参加、ありがとうございます! 参加した方は、まずこちらをお読みください。 ーーーーーーーーーー …
        • 質問はこちらに。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • メンバーコミュニケーションはこちらで。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(お金)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(集客)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(オペレーション)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(クレンリネス)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(料理)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 飲食店勤務での悩み相談承ります

          リアルでは話せない飲食店で働く人悩み相談コミュニティ プランへのご参加、ありがとうございます! 参加した方は、まずこちらをお読みください。 ーーーーーーーーーー …
        • 質問はこちらに。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • メンバーコミュニケーションはこちらで。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(お金)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(集客)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(オペレーション)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(クレンリネス)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お悩み相談室(料理)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          自分事と考えると成長できる

          「飲食店で働く方が心から安心して相談できるコミュニティ」に参加すると読めます

          成長しない人の特徴として 「あれは自分には関係ない」 「やっても意味ない」 と 他人事として考えている方が多いと思います。   他人のことを自分事として捉える人は とても成長が早く 常に周囲への感度を高くしているので 吸収することも多くなります。 なので成長したいのなら 他人事だと思うことも 自分事として捉えてみてください。   ポイントとしては 首を突っ込むのではなく 自分事として考えることにあります。   ぜひ、一緒に成長していきましょう!

          スキ
          2

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          嫌われる教育と嫌われない教育

          秋に入って人の入れ替えがあると思いますが 昨今大事になってくるのが離職率。 如何に長く働いてもらえるか?   それには教育がとても重要といえます。 同じ教育でも嫌われる教育と嫌われない教育があると小島は考えています。 その違いは・・・   一言で言えば、愛があるかどうか。   相手のことを考えての教育なのか?   それとも 自分のために教育しているのか?   これで大きく変わってきます。   同じ叱るでも、相手のことを想い成長を願い、将来のためになるように 叱るのと、 自分の

          スキ
          2

          忘れていませんか?飲食店の基本活動5S

          毎日、飲食店の運営・営業していると薄れてくるのが 飲食店にとって基本である5S活動。   今日は改めて基本に戻って考えてみたいと思います。   まず。5S活動の5つのSをすべて言えますでしょうか?   5つのSとは・・・   整理 整頓 清掃 清潔 躾   この5つとなります。   よく間違えやすいのが 整理と整頓。   整理は無駄なものを無くすこと。 例えば、調理場に私用のスマホは必要ないですね。 冷蔵庫の中に個人的なお菓子や食べ物入っていませんか?   それは業務に必要な

          スキ
          3

          値上げ前の棚卸は必須!

          明日から値上げされるお店多いと思いますので 今日は棚卸された方が良いと思います。 月末で多忙の中、さらに金曜日で仕込み・在庫も多い中 棚卸を行うのは大変かと思いますが それでも行った方が良い理由は下記となります。   値上げにより、原価率が大きく変わる事と それによって収益の変化を把握する必要があるからです。   例えば、何か改善を行う時でも同じですが 改善前が把握できていないと 改善しても実際に何がどうなったか 感覚でしかつかめなくなってしまいます。   そうすると、次回の

          スキ
          2

          情報弱者でも強くなる方法

          本日は東京ビックサイトのラーメン産業展・FOODSTYLEで クライアント・会員の皆様に何か良いものないかしっかりとまわってきました。 最新のシステムや新しい商材がたくさんあり とてもパワーをもらえるので出来る限りこうした展示会には 足を運んでおります。   今日の中で使えそうなのは ○○醤油 ○○の出汁 デザートにもたれにも使える○○ などなどたくさんありました。   これは今度、経営者ランチ会ででもお伝えしようと思います。   ですが中々お店をお休みしてまでこうした展示会

          スキ
          1

          飲食店の値上げ商品の選び方

          10月を前にして値上げの追い込みしているお店が多いので 値上げで失敗しないために気をつけることをいくつか お伝えしたいと思います。 まず、どのように値上げを考えていますか? 様々な値上げがありますが ①一律値上げ ②最低価格の引き上げ ③中心価格の引き上げ ④最高価格の引き上げ この4つならどれに当てはまりますでしょうか? 小島は基本的に①の一律値上げはやりません。 何故ならこれはお客さまのことを見ていない お店視点の方法だからです。 そして簡単なことほど小島はでき

          スキ
          1

          看板とチラシはデザインありきで制作はしてはいけない理由

          様々な看板やチラシがありますが、 カッコよくお洒落なデザインでも効果が出にくい場合があります。 見た目はとても素晴らしいのですが、 実際にチラシを配ったり、看板を付け替えても 効果が出ない。。。   それでは、本来の「集客」のために行う販促が 意味を成しえないことになってしまいます。   では、なぜ素晴らしいデザインでも効果が出ない場合があるのでしょうか?   それは、デザインとしての素晴らしさは集客に直結しないからです。 チラシでも看板でも考え方は同じで、 ひとつひとつの文

          スキ
          1

          出しっぱなしにしない!飲食店の店頭A看板

          飲食店の販促・集客の強い味方であるA看板。 しかし、このA看板を上手に活用しているお店は少ないと感じます。 ではどうしたら効果的にA看板を使うことができるのかお伝えしますね。   まず、A看板は一日に数回内容を変えることが重要です。 これは 「ランチタイムと夜では変えているよ。」 と思いますが、ランチタイムが終わったら ずっと同じのままではないでしょうか?   本来ランチ終了後と同じように お客様の利用動機が変わるタイミングで A看板は変えるべきです。   ランチタイムは時間

          スキ
          1

          なぜ飲食店はSNS投稿をするべきか?

          多くの繁盛店がSNSを活用していますが なぜ飲食店はSNS投稿をすべきなのでしょうか?   SNSは飲食店ともっとも相性の良い販促だと小島は考えております。 その理由は大きく次の3つで ①無料で継続的に活用可 ②認知度アップ ③顧客との接点の増加 特に重要視したいのが③だといえます。   まず、①ですがこれほど無料で効果的な販促は他にはないのではないでしょうか?   無料で伝えたいことを伝えられる。 しかも伝えたいタイミングで伝えられる。 そして永続的に伝えられる。  

          スキ
          3

          人が定着しないなら忙しい時の己を振り返ろう

          1分で感動サイトでも紹介されていましたが、 忙しくなった時の対応や姿勢とても大事ですね。 忙しい時こそ、本来の素の自分が出てきます。 例え表面上を笑顔で誠実そうに作っていても 忙しい時や思い通りにならない時、心に余裕がない時など いつもは、コーティングしてある自分で対応していますが、 そういう時にはそのコーティングが剥がれて 素の自分が出てきます。   その素の自分をスタッフやお客様が見た時に どう感じるか?   これが継続して勤務、来店してくれるかに影響してきます。  

          スキ
          2

          飲食店は提案力を鍛えよう

          この連休中、街でどのようなお店に 人が集まっているかをチェックしてきました。 そこで実際に人が入っているお店は、 しっかりと提案できているお店でした。   提案出来ているというと、 売り込みをしていると感じられそうですが そうではなく、 需要に対して提案できているお店ということです。   必要とされているところに それを提供できますと提案していること。 これがとても大事だと思います。   必要としているサービスに 当店はこれを提供できます。 と伝えること。   例えば、 歩き

          スキ
          1

          営業方法を柔軟に考えてみよう

          「人が少なくて営業できない。」 「社員の負担を考えると定休日を無くすことは難しい…」 最近増えてきた相談事です。   これらを考える時、「できない」と一蹴することはとても簡単です。 ですが「できない」というラベルを貼ってしまったら そこから建設的な思考は得ることはないでしょう。   ではどう考えるのか?   小島ならこう考えます。   例えば、定休日を無くすことを成し遂げたい場合、 なぜ、定休日を無くせないのか?   これを具体的に理由を書き出します。   ・アルバイトができ

          スキ
          3

          飲食店の効率的な問題発見と改善法

          日々営業していると 「ここはこうした方が良いな。」 「あそこはこの方がやりやすい。」 など様々な気づきがあると思います。   そうした時、多くの店長や経営者が ひとりで改善しようとしてしまいます。   これは非常に勿体ないと思います。     おはようございます。 コンサルタントの小島です。 今日は日常の改善についてお伝えさせていただきますね。 では続きをどうぞ。       人はそれぞれの目線で物事ごとを見ています。 そして、それは個々の日常から見えるフィルターを 通して見

          スキ
          1