JAPAN CHOICE 2019参院選

45
もし若者の投票率が上がっていたら参院選はどう変わっていたのか

もし若者の投票率が上がっていたら参院選はどう変わっていたのか

参院選が終わり、色々とデータ分析をしていて、一つ気になったことがありました。「もし若者の投票率が上がっていたらどうなったのか」をシミュレーションしてみると面白いのではないかと。 そして興味本位で始めて見ると意外に地獄のようなExcel計算が多く(自治体ごとに集計されているものを集めたり…)、しかしやり始めた以上気になって仕方がないということでおそらく合計10時間近くは使って結論をはじき出しました。 とんでもない結果になったので、ぜひご笑覧ください。 定義・前提 データ分

スキ
131
【2019参院選】【3分でわかる】データで参院選結果を見える化
+10

【2019参院選】【3分でわかる】データで参院選結果を見える化

0.はじめに令和初の大型選挙が幕を下ろしました。安倍政権にとって6度目の国政選挙ですが、これまでのように野党の攻勢を退け、勝利を収めました。全国32の一人区の勝敗やれいわ新選組など、いくつか注目点もあった今回の選挙、基本的な部分から各党の総括、そして注目すべき点について、簡単にまとめてみました。 1.選挙自体の分析  今回の参院選の投票率は48.8%。これは、過去最低を記録した1995年の44.52%に次ぐ低さで、二度目の50%割れとなりました。  投票率に関連して、有権

スキ
11
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【経済政策編】
+5

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【経済政策編】

 本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【経済政策】についてです。 1. はじめに 2019年1月に内閣府によって刊行された「日本経済2018-2019」によると、日本経済は緩やかな回復を続けており、景気回復の長さでは戦後最長と並んだ可能性があるとされています。しかし同時に、2019年2月にマ

スキ
4
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【外交・安保-通商編】
+9

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【外交・安保-通商編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【外交・安保-通商】についてです。 1.戦後の国際体制1-1 戦後の国際秩序と過去から現在の状況  第二次世界大戦後、国際社会では、集団安全保障、開放的な経済、自由貿易を基調としたリベラルな国際秩序が築かれていいきました。  冷戦期はソ連とアメリカの

スキ
4
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【外交・安保-対外関係編】
+7

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【外交・安保-対外関係編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【外交・安保-対外関係】についてです。 1.北朝鮮問題とは1.1 北朝鮮の歩み   1950年の朝鮮戦争以来、北朝鮮にとっての最大の脅威は米国であり、米国に対抗するべく核開発を幾度となく続けてきました。1994年の米朝枠組み合意や2003年の6カ国協

スキ
3
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【エネルギー・環境編】
+2

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【エネルギー・環境編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【エネルギー・環境】についてです。 1.エネルギー JAPAN CHOICEでは「原発再稼働」・「脱原発・原発ゼロ」という原子力発電所に関わる2つの争点と、「脱炭素」という分野に整理して扱っています。 1.1原発再稼働 原子力発電とは、ウランを核分裂

スキ
4
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【移民・外国人編】
+2

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【移民・外国人編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【移民・外国人】についてです。 はじめに 移民の問題について考える前に、「移民」という言葉が具体的にどのような人々のことを指すかご存知でしょうか?辞書を引くと「個人あるいは集団が職を求めるなどのさまざまな動機、原因によって、恒久的に、あるいは相当長期間

スキ
5
【2019参院選】【その拡散ちょっと待って!】選挙名物デマ・不正確ツイートまとめ

【2019参院選】【その拡散ちょっと待って!】選挙名物デマ・不正確ツイートまとめ

いよいよ明日が最終投票日となる参議院議員選挙。 JAPAN CHOICEで投票先を考えている方も多くいらっしゃると思いますが、今回はあなたの投票先判断に大きな影響を及ぼすかもしれない選挙名物「デマ」・「フェイクニュース」の数々をここにまとめ、注意を喚起したいと思います(2019年7月20日正午時点)。 ※本記事は、FIJ(ファクトチェック・イニシアティブ)の公式メディアパートナーである当法人が、これまでFIJ及びメディアパートナーによって審査されたフェイク投稿、又はミスリー

スキ
8
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【防災・復興編】
+2

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【防災・復興編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【防災・復興】についてです。 1.復興 政府は、発災直後の2011年7月に策定した「東日本大震災からの復興の基本方針」において、復興期間を2020年度までの10年間と定め、復興需要が高まる2015年度までの5年間を「集中復興期間」と位置付けた上で、未曽

スキ
1
【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【地方・IR編】
+10

【2019参院選】15争点で公約を比較してみた【地方・IR編】

  本記事では、JAPAN CHOICE 公約比較 サービスと連動して、15個の争点について、解説を行っていきます! 表だけでは伝わらない、争点の構造や争点をめぐる経緯について各争点1記事ずつにまとめました。15の争点、今回は【地方・IR】についてです。 1.地方って?背景と現状について  令和を迎えた日本では、少子高齢化と都市部への人口流出の2つが地方にとって大きな課題となっています。若年層を中心に、地方圏から東京圏へ人口が流出、そこに出生率の低下が重なり、人口オーナス(

スキ
1