見出し画像

#69 ガンジー

今日は何だか無性に「ガンジー」のカレーが食べたくなり、仕事を終えるとそのまま歩いて新宿三丁目へ向かいましたー。

オーダーしたのはお気に入りの「トマトとチーズのカレー」ではなく、前回あまり好みではないと感じた「ビーフカレー」の方です。

何故またこのカレーを食べてみる気になったかというと、それにはいくつかの理由があります。

まず、前提として、こちらのお店には数種類のカレーがありますが、どれもベースとなるルゥは一緒。だから、基本的には具材によってそこまで極端に評価が異なるはずはないと思うんです。
もちろん、カレーと相性の悪い具材を使っているのなら別ですが、何せ牛肉ですからねー。カレーと合わないはずがないし。
でも実際に、前回食べたビーフカレーはトマトとチーズのカレーと比べると格段にレベルが落ちるように感じました。
え?何で???
それはおそらく、ガンジーは作り手によって(もしくは日によって)味にブレが生じるお店だから。

思い返してみると、学生時代、初めてこのお店でトマトとチーズのカレーを食べた時は、すっかりその美味しさの虜になったくらいなのですが、社会人になり新宿から足が遠のき、数年後に懐かしくなって再訪した時には、ただ辛いだけで味に深みがなくなっていて、「味が落ちたなぁー。」とガッカリした記憶があります。
それから更に数年経った去年、久しぶりに訪れたガンジーのトマトとチーズのカレーは、最初の頃の美味しさに戻っていて、それからまたちょくちょく足を運ぶように。

こう考えてみると、ビーフカレーも作り手によって、もしくは作り手が同じでも日によって、味が違うんじゃないか?って思えてきて、「んー。もう一度チャレンジしてみるかぁー。」って気になったというわけです。

さてさて。
NIRVANAが流れる店内は中々の混み具合。テーブル席は既に埋まっていたのでカウンター席に腰掛け、今夜の料理人の腕に期待しつつもドキドキしながらカレーを待つこと数分、スパイシーな香りと共に運ばれてきたビーフカレー。見た目はいつもと同じ黒褐色でビーフがゴロゴロ入っています。

画像1

恐る恐るルゥを一口。ぱくり。
ん、当たり!

前回食べた時は、完食するのに苦労するほどの強烈な苦味を感じたのですが、今日はそこまでの強い苦味はなく、程よくビター。
しかもお肉がトロッと柔らかく煮込まれていてとっても美味しい♪
前はこんなに柔らかくなくて、どちらかというとお肉の繊維が歯に挟まるような硬さだったんですよねー。
それに 、ここのカレーは結構辛口なんですが、今日はお肉の旨味と脂身の甘さが十分に感じられたので、最後まで美味しくいただくことができました。

あぁー美味しかった♪

これで味にブレがなければ、更に言うことなしなんですけどねー。
やっぱり、前回のあの苦味はスパイスのローストに失敗して焦付かせちゃったんじゃないのかなぁ。。。

こんな感じで、ここは日によって味が違うギャンブル性の高いお店なので、積極的に人にはオススメできませんが、それでも個人的にはお気に入りのお店のひとつなのです♪

晴れ、時々Curry。2014-10-12


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ハレカリにカレーを奢る? ▶YES NO

只今絶賛フォロワー募集中❣️
趣味は散歩とうつわ集めとカレーの食べ歩き。高円寺に生息中。最近は自作カレーにもハマっていてカレーしか食べない生活を送っているとかいないとか。NO CURRY, NO LIFE !! (☆∀☆)遅筆につき実食からレポまでタイムラグあり。スローペースで更新中。

こちらでもピックアップされています

食べ歩きマガジン
食べ歩きマガジン
  • 190本

これまでに訪問したお店のレビューです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。