見出し画像

詩 そこから見えた普通の空


そこはたまたまの石畳み

迷いこんだのはわたしの方

細いヒールが溝にとられ

バランスを崩した5秒間

世界が止まった

わたしが見たものは

斜めになった屋根と

変わりばえのしない白濁した空

そこら辺に転がった憂鬱と

破れたストッキングに気が付いた

バカバカしいと笑いながら

フリーズした5秒に押しやったのは

今日感じたくだらない怒り

いつもの顔で

危なっかしい道をまた歩く

白濁した空はまだそのままでも

とりあえず

とりあえず


ケ・セラ・セラ


#詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキもコメントもサポートも、いただけたら素直に嬉しいです♡

ウレシクテソワソワ( ˙-˙ )♡
81
詩をメインに書いています。『眺め読むような詩』を作成したイメージ画像と共に是非ご覧ください。個人のウェブサイトはこちらです。アプリでは無くできればブラウザからお越しくださると幸いです。https://www.midoriandhana.com/

この記事が入っているマガジン

コメント14件

山田さん
読んでくださったんですね〜
ありがとうございます!
感覚の中にあるもので、うまく伝わるようには書けていませんが、少しでも感じてくだされば嬉しいです😆

人生は壮大な遊び場
これからも、そう思っていきたいです。
ありがとうございました❣️
ちびまゆさん
早速ありがとうございます!
あちらで(^_^)v
この詩、好きです💛
石畳にヒールとられた5秒間のこと・・・お洒落♪
足袋猫さん
ありがとうございます!
これは文字だけではなかなか伝わりにくくて…と、思ってました😆
嬉しいです😆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。