詩 ダンスを踊れなくなった女狐は
見出し画像

詩 ダンスを踊れなくなった女狐は


場末の酒場はね

ちょっとあったまるには

ちょうどいい

どんな大層なことがあったか知らないけど

そんなに肩をいからせて

騒ぐほどのことじゃないでしょ

ほら見てよ

あんたがいつか言ってた

猫に小判な女たちが

陽気な迎えを待ってるじゃない

あたしだってあんなだったわ、ちょっと前までは

年の離れた弟が

お腹すかせて死んじまいそうになった時

助けてくれたのは青い目の兵隊さん

どんな自由を手にいれたか知らないけれど

ダンスを踊れなくなった女狐は

ぼろをまとって

街灯の下で顔を隠すしかないじゃない

give me chocolate

汚いものでも見るように

鼻で笑ったあんたはさ

頼めばきっとめぐんでくれるでしょ

あたしを追っ払うために硬貨の何枚かくらいなら

でもね

ちゃんと買ってよね

竹槍持った日なんてもう忘れたわ

だから何?

場末の酒場でちょっとあったまるくらい

それくらいの夢

見たっていいでしょ

ねぇ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉田 翠*詩文*

スキもコメントもサポートも、いただけたら素直に嬉しいです♡

♪───O(≧∇≦)O────♪マジですかー!
詩をメインに書いています。『眺め読むような詩』を集めた個人のウェブサイトはこちらです。アプリでは無くできればブラウザからお越しくださると幸いです。https://www.midoriandhana.com/