見出し画像

最近読んだ漫画まとめ(4/25)

最近新しく読んだ・読み始めた漫画が溜まってきたので今回はそのまとめ、どこで読んだか、などなど布教用に簡単に紹介していきます。

長いです。

no.1『青のフラッグ』KAITO 著

青春純愛物語です。「これ以外どう説明しろと?」

主人公の一ノ瀬太一、自分に自信の持てない小柄な二葉、太一の幼馴染でみんなの人気者桃真、二葉の友人でクールな真澄。この4人を軸に、彼らの高校3年生のひと時を繊細に描きます。まさに高校生の等身大の今を描いた作品。私は王道の恋愛漫画が正直言うと苦手なのですが、この作品は続きが読みたくなる作品でした。存在は知っていたのでもっと早く読めばよかった。

■読んだサイト(少年シャンプ+アプリ版)

今は5話まで無料で読めるみたいです。私は課金しているのでサイト内で3巻まで読みました。そして結局電子書籍で全巻買いました。

現在は7巻まで発売されていて8巻の発売は6/4予定

■主人公たちが体当たり

ザ学生恋愛ものが苦手な私でも好きになれたのは、登場人物たちが皆、年の割に体当たりなのが良かったです。恋愛漫画でありがちな、ふとしたすれ違いをそのまま持ち越してすれ違い続けたり、思いが成就するまで序盤で展開が見えてしまったり、ひっぱるなぁ…というツッコミを入れたくなってしまうともう駄目ですね。(例外もあります)

その点、本作はみんな体当たりで思ったことはきちんと言える子たち。そういう所、かわいいと思う!ストーリーの始まりや展開が王道なだけに扱いずらい心理描写も丁寧に描いてくれますし、きちんと登場人物みんなにフォーカスして共感させてくれるのも良かったです。

no.2『薬屋のひとりごと-猫猫の後宮謎解き手帳-』 原作:日向夏 作画:倉田三ノ路 キャラ原案:しのとうこ

なんかよくわからんが漫画は2種類あるよ。試し読みと公式PVがあったので見てみると雰囲気がよくわかるかも。内容は同じ?みたいですがサンデー版の方が話の進みは早いようなので、あとは絵柄の好みで選ぶと良いみたい。公式のPVの猫猫の声がどちらも悠木碧さんだったのが笑った。

Web広告で一躍有名になったイメージがありますよね、なろう小説コミカライズですが、本作はなぜか同時に2作品としてコミカライズされています。そんなの聞いたことないけど、実際に皆さんがよく目にした絵柄はねこクラゲ先生の作画の方ではいでしょうか。(リンク下)

■読んだサイト(サンデーうぇぶりアプリ版)

2種類あることは知らなかったのでもともと使用していたサンデーうぇぶりの溜まりまくったポイントでサンデー版を最新話まで読みました。ガンガンオンラインをインストールしてみましたが、配信はなかったので公式のWebサイトから1話試し読みが良いと思います。

サンデーうぇぶりのWeb版では最新話しか読めないようですのでアプリ版でどうぞ。アプリでは1~2話、最新話は無料で読めるみたいです。

■後宮のコナン、アニメ化も近い?

見出しの通りですが、遅かれ早かれアニメ化する匂いがプンプンします。後宮のコナンといっても良い本格謎解きミステリーなのでネタも豊富!毒や薬や宮廷に関する謎解きを軸にして猫猫が宮廷で活躍する姿を描きます。また、宮廷だけではなく猫猫の育った花街の最高級妓楼もストーリー上重要な役割も果たして良いスパイスになっているので飽きにくい。これ…アニメ化しない方がおかしいのでは?

no.3『BLACK LAGOON10~11巻』広江礼威 著

察しの良いひとはピンときたかと思いますがブラックラグーンアニメ第3期『BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail』が原作9巻までの内容なので、その後の2巻分の内容は未読だったんですよね。本当はまとめ買いするまで我慢したかったのですがポイントで読めそうだったのでつい!

■読んだサイト(サンデーうぇぶりアプリ版)

ポイントが無くてもなんと7話までは無料。7話はちょうどロベルタがイエロー・フラッグに初回登場するところまで!布教用にはちょうど良い話数ですね。

私はアニメから入ったのでアニメもオススメしておきます。huluネットフリックスdアニメストアなどで配信されているので契約していない人も是非チェックしてみてください。

■殺し・売春・薬・マフィア、何でもあり。背徳の都ロアナプラ

ごく普通のサラリーマンだった岡島禄郎が運命に翻弄されるようにたどり着いてしまった背徳の都市ロアナプラ。そこで出会ったラグーン商会という運び屋に加わり、ロアナプラに巣くう常識破りのアウトローたちと出会う。そして禄郎はその名前を捨て、「ロック」として生きてゆくのでした。

■「アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバターだ」

BLACK LAGOONの舞台はタイの架空犯罪都市「ロアナプラ」アウトロー中のアウトローが集まるクレイジーな場所。そこにいるのは全員悪人、マフィア・元軍人・殺し屋・ジャンキー・犯罪組織などなど挙げればキリがありませんが、そんな独特の世界観や彼らなりの正義や矜持がクセになる…。そうなればあなたもロアナプラの虜!もちろん頭のおかしいド派手なガンアクションや特有のセリフ回しなど見どころもいっぱい、また主人公がロアナプラで悩みながら生きてゆく様も必見。最終話、超よかった。

no.4『ボクを包む月の光-ぼく地球(タマ)次世代編-』日渡早紀 著**

NARUTOでいう『BPRUTO』です。ときめきトゥナイトでいうと『星のゆくえ』つまりは『ぼくの地球を守って』の第二部なのですが、ぼく地球ロスに陥っていた時に次世代編があると知りアプリで読み始めました。アリスと輪の息子である蓮が主人公の物語。

■読んでいるサイト(マンガPark)

コインが毎日2回チャージされてけっこう溜まります。私もアプリは無課金で読んでいるので、まだ読んでいる途中。『ぼくの地球を守って』を読んだのもこのサイトでした。その時は待てば全部無料だったのですが、結局課金した上、最終的に電子コミックを全巻買うことになりました。笑

■ただただ、見守りたい。

物語としては『ぼくの地球を守って』のようなSF巨編!というよりはアリスと輪の息子である蓮の成長を見守りたい人向けのほっこり漫画ですので、ロスの方におすすめ。前作では騒動が収まった後は少ししか触れられていないのでその後2人や仲間たちをもっと見たい!という私のような人向けですね。むしろ、もし『ぼくの地球を守って』を未読の方がいらっしゃればそちらを強くおすすめしたい。このお話は無料試し読みできる1話や2話だけだとうまく魅力が伝わらないのです。何とかコインを貯めて物語が動き出す3話まで読んでほしい。是非。

no.5『推しの子』赤坂アカ×横槍メンゴ 著**

『かぐや様は告らせたい』の赤坂アカ先生と『クズの本懐』の横槍メンゴ先生がタッグを組みヤングジャンプで同時週刊連載を開始した新連載!

これは、説明ムズいしまだ1話なので「とりあえず読んで?」と言いたい。

■読んだサイト(ジャンプ+アプリ版)

ヤングジャンプで新連載が始まったようですが、「ジャンプ+」と「ヤンジャン!」で無料で読むことが出来ます。

■これからどう進んでいくのか

衝撃の1話というにふさわしい話でした。さて、これからどうアイドル物語を見せてくれるのかがとにかく楽しみな作品。すでに漫画好きの間では話題になっている本作。赤坂先生は同時連載になるのでより一層応援したいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしも好きです♥
10
漫画や読書のことを心のままに。書く練習をしています。 ネタバレがある場合はその旨表記しますのでご注意ください(単行本派)

この記事が入っているマガジン

midoriプレゼンツ大好きなマンガ
midoriプレゼンツ大好きなマンガ
  • 8本

私の好きなマンガの話、読んで考えた事、なぜオススメなのか、などなど書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。