見出し画像

人間関係の無意識の「ムリ」に気づく

だいぶ落ち着いたからせっかくだしnoteにまとめる。

先月、事実ではないことを責められた挙げ句一方的に振られた。1年付き合った人だった。話し合いの余地はなく、私が悪いことをしたと多分思い込んでいる。

このせいでものすごい勢いでMPを削ったんだけど、これを機に自分とよく向き合って、私のことを大切に思ってくれる人とは?私が大切にすべき人とは?をすごくよく考えるようになった。

未だに平常運転ではないと思うし、思考のクセはあらぬ方向に曲がって直ってないこともあるんだけど、それでも言葉にすることで自分を救いたいし、同じ思いの人に併走出来る文章になれていたらもっと嬉しい。

このnoteでは、恋愛に限らず「そういう人間関係」に当てはまるように書いてます。

-✁----

この数年特に、自分の日常の中に急に現れて、お互いの重要なポジションになったと思ったら急に去っていく人がちらほらといた。今回の件もだけど、仕事でもあった。ガーって好かれて、何かひとつでも地雷のようなものを踏んだらガーって嫌われて、関係は終わる。そういう感じ。

こういうパターンでは最初お決まりのように、相手の情熱が凄まじく私の心のテンションとはすごくかけ離れている。私が特別に冷めているというわけではないと思うんだけど、あまりにも大きすぎる熱量だったりするから「あ…なんかすごいパッション…」って圧倒されてしまう。

こういう人との付き合いは、「私も同じテンションまで引き上げないといけない」っていうムリを重ねるから続くのであって、相手に合わせることを前提している関係である、と今更気づいたっていう。

「今更気づく」のが一番まずくて、ムリを重ねることを無意識にやってしまってるから、知らず知らずのうちにMPを削り取られている場合が多い。ゆでガエルの法則そのままに、いつの間にかムリをすることが普通になっているんだよね。

そんな関係の仲に、信頼関係もクソもへったくれもないわけで。だからこそ地雷が日常にあちらこちらと潜んでしまう。誰だって、好き好んで地雷を踏みにいこうなんて思わない。でも、そんなに足元に地雷がたくさんあったら、いつか踏んでしまうのは必然だろう。取り除くための話し合いすら出来ない関係ならなおさら。

--✁---

そういえば自分と長く深いお付き合いをしている人たちって、最初っから私と同じくらいのテンションでいてくれてたし、冷静に本音が言える人たちばっかりだったな、とも思った。これは万人に当てはまるルールというより、私に対して当てはまるルールかもしれないけど。だから、感情ドーン!みたいな人とはちょっと合わないのかもしれない。(恋愛の始まりはまたちょっと違うかもしれないけど、でも熱量みたいなものがズレまくってると私的にはしんどい。)

だから感情ドーン!系の人と対峙すると、引け目を感じるんだと思う。これも無意識にってやつで、共感しないと関係が保てないような気がしてしまって、結果ムリをしてしまうんだよね。

同じくらいの熱量を帯びられたらいいんだけど、どうしても人に対して妄信的になれない一面があって。恋人や仕事のパートナーでもなんでも、すっごい好き!すっごい優秀!ずっとそばにいて!って言われても不安しか募らない。こればっかりは自分の経験が育てた感情だと思うし、しょうがないと思ってる。

---✁--

確実に信頼関係を重ねる作業(というとちょっとシステマチックだけど)の方向性が同じじゃないと、もうね、先が見ちゃうんだよね。いつか終わるってなんとなくわかる。この人とも、なんとなくずっと一緒にいられる気がしてなかったんだよね。

…というと、とっても失礼な感じなんだけど、問題は、決定的な何かがないと終わらないから、いつか終わるってわかっててもがんばってしまうんだよね。残念ながらそういう人間関係になった人の「決定的な何か」は結局地雷だから、最後はひっどい感じになるんだけども。

こういう人間関係だと、自分が頑張ればどうにかなる、と無意識に思ってしまってるんだよね。人間関係、やましいことをしていないのに一方が悪いなんてことはありえないんだけど、渦中にいるとなかなかそう思えないのがこわい。

確実に信頼関係を重ねる作業は基本、本音で話すとか共感するとか受け入れるとかを積み重ねていくことだと思うんだけど、「察して」の気持ちが強すぎたり最初っからそれを求めすぎると、よくない。一度話せばわかるだろうとかもよくない。「積み重ねる」ことを怠ると、人間関係はうまくいかないんだと思う。

私もやるべきことをやってこなかったと思ってるし、あっちもやるべきことをやってこなかった。それだけのことだ。いいも悪いもない。

----✁-

今回のいろいろで、その人との関係をつないでいたものが執着しかなかったことや、自分の大事なものとのトレードによって続いていたものだと気づいて、すごくつらかった。つらかったんだけど、ちゃんと受け入れて学びにしている私えらい(えらい)。こうやって冷静に「学んだ」と言えてしまう自分に対して、冷めてるなとも思わなくもないんだけど、冷静な私を見ていると私は安心する。

自分の大事なものとのトレードだったと書いたけど、その自分の大事なものっていうのは友達との関係だった。

この前、その友達何人かとご飯に行ってきて、ああ私は何を考えていたんだろうってすごく反省した。ずっと大切にしてきた人間関係を壊してまで何を手に入れたかったんだろうと。友達の1人が帰り際、「つらかったらこうやっていつでも集まろうよ」って言ってて、ちょっとうるっとしてしまったんだよね。嬉しくて。

-----✁

というわけで、私はとっても元気で、自由です。

今回、オンラインカウンセリングを受けて自分の気持ちを整理するお手伝いをしてもらった。少しでも人間関係に違和感を感じる瞬間があったら、こういうサービスに頼ってみるのもいいと思う。(恋愛から仕事、家族…いろんなことを相談出来ます)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

駄文が捗ります。

どうしよう嬉しいどうしよう!!!
18
ハンサムショ〜トなWebディレクター。孤独とおうち大好き個人事業主。HSPを味方に、ほどよく力を発揮しながら生きています。

こちらでもピックアップされています

もやもやマガジン by emolコミュニティ
もやもやマガジン by emolコミュニティ
  • 52本

気持ちがもやもやして生き辛い人の為のメンタル関連マガジンです。emolが運営するコミュニティに属していただいているさまざまなライターさんの記事を集めています。 生き辛いと思っている人たちの心が少しでも楽になることを願っています。 毎日1記事追加します!(土日祝日はお休みします)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。