見出し画像

緑塾が実践しているテストに向けた中学生の勉強法

こんにちは!
緑塾の澤田です!

今回は個人塾を経営している経験を生かして、実際に緑塾が実践している学校のワークを活用した中学生の勉強法について書こうと思います。

ぜひとも親子で見てもらい、参考にしてもらえれば幸いです。

まずは普段の学校のワークを活用した勉強法を書き、その後にテスト前の勉強法を書きます。

そのため、テスト前の勉強法を見たい方は3項目から見てください。

少し長くなりますが、点数を上げたい人はぜひご覧ください。

1、まずは学校のワークを存分に活用しよう

点数の上がらない子のほとんどは学校のワークを活用しきれていません。
たいていはテスト直前に提出物であるワークをやって、答え合わせだけをして、特にやり直しもせずにそのまま提出・・という感じです。

当たり前ですが、テストは学校のワークを中心に出題されます。

まずはそこに出てくる問題を完璧に答えることができるようにしましょう。

そうするためにはテストまでに3回〜4回は解きたい所です。
ではどのようにして取り組めば良いか見ていきましょう。

2、学校のワークは常に学校の授業に追いついているように

ワークを繰り返し解くのが大事だと言いましたが、繰り返せるように日頃からワークを進めておくのが大事です。

具体的には学校の授業があったその日、せめて2日以内にはワークを進めて授業に追いつくようにしましょう。

その際は教科書やノート、プリントなどで調べながら取り組んでも大丈夫です。
この時、答えを見ながらやることだけはダメです。

それではただ何も考えずに書き写すだけの作業になってしまうので、調べながらでもまずは自分の力で解いてください。

もちろんある程度調べたり考えたり(目安2〜3分)しても分からない所は飛ばしておき、答え合わせの時にしっかり理解しましょう。

とにかく学校の授業に追いついていることが大事ですので、毎日コツコツ取り組む必要があります。

3、学校のワークを繰り返し解く方法【理科と社会編】

学校のワークを普段から進めておき、いよいよ繰り返し解く方法です。

いきなり5教科全ての点数を上げることは大変だと思うので、点数を上げたい教科を決めましょう。

点数を上げやすいものは社会と理科だと思います。

その次としては個人の好き嫌いになるかもしれませんが、年度の最初であればどの学年も計算問題が中心となるので、数学をお勧めします。

その次に英語、国語という順番だと自分は考えています。

社会と理科のワークは書き込んでいても解答欄が右端にあるため、例え書き込んでいたとしても繰り返し解きやすくなっています。

そのため繰り返し解くときは、その解答欄をノートやルーズリーフで隠して1〜2ページごとに答え合わせをして進めましょう。

もちろん解答を書くノートが別冊で渡されている場合、繰り返し1回目はワークに直接書きこんでも構いません。

この時、「問題は全て解き」、「答え合わせは1〜2ページ」、「答え合わせは解答集を見て答え合わせをする」ということを実践してください。

「問題は全て解き」というのは覚えていると思い込んでいる問題でも、意外と忘れていることがあるので、全体的に解いてチェックした方がいいからです。

「答え合わせは1〜2ページ」というのは全ての問題を解いてから答え合わせをすると、見直しをせずにただマルバツをつけるだけの作業となってしまうからです。

「答え合わせは解答集を見て答え合わせをする」というのは、間違った答えをワークに書いていることもあるので、それを見て答え合わせをすると間違ったまま答えを覚えてしまうことがあるためです。

繰り返し1回目は間違いだらけでもいいです。
ただ、間違えた問題はしっかり見直して頭の中に叩き込んでください。

そうやってどんどん進めましょう。

そして1日〜2日後に繰り返し2回目も行いましょう。
その際も同じように「全ての問題を解いて」進めましょう。

1回目に間違えた問題だけやると、1回目では覚えていたけど、2回目で忘れた問題を取りこぼすことになります。

基本的に繰り返し解く際は「全ての問題を解く」ことを実践してください。

そうやって2回目、3回目と繰り返して、もうワークの問題と答えを全て覚えてしまったという状況になるようにしましょう。

そんな状況になるのが、繰り返し3回目か4回目を終えたくらいだと思います。

4、学校のワークを繰り返し解く方法【数学と英語編】

続いて数学と英語です。

ますは数学からいきましょう。

数学のワークは問題の下に答えを書く形式ですので、書き込んでいたとしてもその部分をノートやルーズリーフで隠せば繰り返し解けるようになっています。

繰り返す方法は3項目「3、学校のワークを繰り返し解く方法【理科と社会編】」を参考にしてください。

ただ、理科と社会のように全てのページを解いていると時間がなくなってしまいまね。

そのため、数学に関しては取り組むページを絞ってもいいと思います。

具体的には、計算ドリルや計算チェックの①「計算問題がまとまっているページ」、普通のページで分かれているA問題・B問題のうちの②「B問題」(まず50点ほどを目指す人はA問題でOK)、そして各章の最後にある確認テストなどの③「章のまとめ問題」です。

ただ、章のまとめ問題の後にある「章末問題」などは入試問題などから引用されていることが多く難しいため、90点以上を目指す人以外は繰り返し解く必要はありません。

上記の①②③の3つを、問題を見た瞬間にすぐに「解き方」が頭に思い浮かぶほど全ての問題を繰り返せばOKです。

そうなるまで繰り返そうと思うと、3〜4回くらい繰り返すことになると思います。

その時、なぜこの式になるのか、説明問題や証明問題はどのような流れなのか、ということは必ず理解しておきましょう。


続いて英語です。

英語のワークは繰り返しにくい教材となっています。

なぜなら文章の穴埋め問題があり、それのみを隠すのが難しいからです。

しかし、最近では、ワークをそのまま縮小したような解答集があり、答えの部分は赤シートで隠せるようになっているものもあります。

そのような解答集がある場合、赤シートで答えを隠しながら、「全ページ」を取り組みましょう。

英語はここだけやろうと絞り込むのが非常に難しく、各ページにある単語や表現、文法の練習問題が重要となってきます。

そのため、理科と社会同様に英語も「全ての問題」を解きましょう。

もし上記のような解答集がなく、ワークを繰り返し使うしかない人は、穴埋め問題以外を取り組みましょう。

特に並び替え問題について注意したいことがあるのですが、並び順は根拠を持って答えれるようにしましょう。

具体的には主語と動詞を意識して並べるようにしてください。

そして、「テスト範囲の教科書本文」と「ワークに出てくる長文問題の内容とその問いと答え」は必ず頭に入れておきましょう。

教科書本文とワークの長文問題はそのまま出題される可能性が非常に高いです。

英語も問題を見た瞬間にすぐに答えが出るまで繰り返して欲しいのですが、そうなるためにはやはり3〜4回繰り返すことになると思います。

5、繰り返し取り組んで全ての問題と答えを覚えてしまってからやること

ワークを繰り返して解いていると、次の答えは〇〇だなと覚えてしまっていることが出てきます。

その時はしっかり問題文を読んで、こう聞かれたらこの答え、と取り組むことを強く意識してください。

そして、そうなった次の段階は友達と問題を出しあうことです。

友達とテスト範囲のワークからランダムに問題を出し合って答えていきましょう。

口頭でOKです。

どんどんお互い問題を出し合って知識を定着させます。

その際、横道にそれ過ぎたり、雑談にならないよう注意しましょう。

塾講師を経験していると感じることがあって、自分が教えるよりも友達に教えてもらう方が記憶の定着率が遥かに良いのでは、ということです。

塾講師をされている方だと一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

友達同士だと少しガヤガヤしますが、楽しくやれるのでより覚えやすいのでしょう。

そのため、友達同士で問題を出しあうこともいいと思います。

6、これまでのことをしっかり取り組むためには

塾に通っていない子が上記のことを実践するには非常にハードルが高いかもしれません。

そのため、お困りのときは我が緑塾をご活用ください。(ちょっとだけ宣伝を許してください!(笑))

さて出来るだけお金をかけずに(塾に行かずに)実践する方法ですが、やはり親子関係が凄く大事になると思います。

それを踏まえた上で、葉一さんなどのYouTube、オンライン自習室などを活用する必要があると思います。

少し長くなってしまったので、それは次回のブログに書こうと思います。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

参考になれば幸いです。

勉強、頑張っていきましょうね!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
H.Sawada

よろしければサポートしてくださると嬉しいです!

ありがとうございます!
大阪で緑塾という学習塾やってます。 ブログや勉強法、思ったことなどを書いてます。 緑塾→ https://www.midori-juku.com/ YouTube→https://youtube.com/channel/UCE51iQLw_LrbwW8hOxEGIqg