「あんたが毒を飲ませたのよ!」認知症患者と格闘した末、私を信じてもらえたちょっとしたアクション。

「殺されるーーーーー!!」

病棟中に響き渡る声の主は、軽い脳梗塞で入院してきた、80代のAさん。(女性)
当時私は一般内科で2交替勤務をしていて、この日は夜勤で、16時に出勤していた。
騒ぎ声が聞こえたのは、日勤者と申し送りをしていた時間だった。

「今日のAさん、昼間に家族の面会があって、帰ったあとからかなり興奮してるよー。
眠剤飲んでくれたら落ち着くんだろうけどねぇ。」

と、日勤のリーダーは言った。
入院2日目の夜。一番せん妄も出現しやすい。
ふと「今夜は長い夜になりそうだ....」と思った。

17時半には日勤者が帰り、ワンフロア、20床の病棟はわたしとヘルパーさんの2人。
つまり、バイタルサインや服薬管理はすべて一人でやらなければならない。
いつも勤務のはじめに挨拶に行く。

「今夜の担当でーす。よろしくお願いしまーす!」

と言うと、Aさんは、
「毒をもったのはあなたでしょう?!」
と、突然怒鳴られた。

名札を見て名前を覚えられ、メモしており、
訪室するたびに怒鳴られた。

まぁ、落ち着くまで様子を見ようと、配膳などはヘルパーさんに任せて、
他の部屋からバイタル測定に行った。

そして、ついに、あの時間。


眠前薬の投与時間だ。


安定剤と睡眠剤で、落ち着くためになんとか飲んでもらいたい。
ただ、わたしがいくと、「お前の言うことなんて信じないー!!」と一点張り。

そこで、私は一か八かで、賭けに出た。

何をしたかと言うと、



私はメガネをかけた。


ただ、それだけだ。
そして、別人を名乗り、

「毒をもられたと思ったんですね。それはとても不安でしたね。」

と、少し口調をかえて、少し遠くから話しかけた。

すると、「あら?あなたはどちら様?
そうなのよ!大変だったのよ!!」と、話してくださった。

30分程話しを聞いて、

「眠れないのはお辛いでしょうから、先生から良く効くお薬をもらってきましたよ。
良かったら、飲んでみませんか?」

と、できるだけ穏やかに、寄り添うことを意識して関わった。

すると、薬を飲んで、眠りについた。

***+*+*+__..+*++*++*++++

今回は、たまたま上手くいったが、認知症の人との関わりは、マニュアルがないと言っていい。一人ひとり症状の出かたも異なるため、臨機応変な対応が求められる。

これが看護師と患者という立場と、在宅で介護している娘と母親、となると、また話しは別だ。24時間対応に追われ、介護疲れ、介護うつに陥ってしまう人が少なくないのだ。

インターネットで「介護うつにならないために」のようなサイトが多く存在する。
介護保険のサービスで、デイサービスやショートステイを利用して、自分自身のリフレッシュをすることや、介護休暇取得などのことが書いてある。
もちろん、それは大切なことだ。

だけど、わたしは、「誰かに話しを聞いてもらうこと」をもっと強調したい。
わたしは2年前からコーチングを学んでいる。
そのスキルを活かしたいという思いもあるが、「人に聞いてもらうことの大切さ」を身に染みて感じているからだ。
リフレッシュできる1人の時間も、とても大切。
でも、その後またすぐイライラしてしまうと、せっかくの時間が台無しだ。

人に話しを聞いてもらい、自分の中の大切にしていることや、うちに秘めた思いを吐き出すことで、介護をしている中で、一日一言でも、心温まる言葉をかけられるのではないだろうか。

わたしは、そんな「ハートフルな介護を!」をもっと広めていきたい。
そのために、何ができるのか....

それを見つけるため、色んなことをチャレンジしたいものである。

#認知症
#介護


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めっちゃ嬉しい!おおきに(^^)v
35
はじめまして!看護師コーチの高橋みどりです(^^) コーチングを通して、看護師として活躍している人と関わり、大切な看護観や、理想の看護師像を一緒に描きたい!! 自分でも気付いていない、あなたの素敵なものを見つけてみませんか?(*^^*) #看護師#コーチング#アドラー心理学#起業
コメント (2)
はじめまして。
僕も認知症専門ユニットに働いていた時代は変装で対応したことあります。バンダナしたり、医師のような白衣を着たり。10年以上介護の仕事をしてますが、対応も人それぞれ、まだまだ勉強することがいっぱいあります!
はじめまして!tomoyaさん(^^)
コメントありがとうございます!

やはり変装経験があるんですね!
なんだか嬉しいです(^^)

個々で対応するのはなかなか難しいですが、その人に合った対応をしたいですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。