見出し画像

最近の病状~良好と悪化~

こんばんは。ゴリィです。長文を書くのがしんどいのですが、今どのへんまで書けるかも含め、病状の報告をしたいと思います。

まずは僕のサイトの紹介。

経過良好な水腎症

まずは水腎症の方。先日CT検査を受けてきました。2分の1でがんが見つかる可能性があるというかかりつけ医の仲良し看護師さんに脅されていました(笑)が、結果そういった所見はなし。

原因は膀胱が膨れ上がって尿が出し切れず溜まってしまっていたことに確定だそうです。

腎臓自体の腫れもかなり収まってきて、血液検査の腎臓の数値も警戒レベルの水準から脱しています。あとは日々、毎日時間ごとに自分で尿を抜く作業を坦々とおこなうだけです。その自己導尿のカテーテルから出る尿の勢いが少し落ちてきている、量自体減っていると感じることもあります(アメブロに同じ記事を書いた後こちらに転載する前に自己導尿したのですがほとんど出ませんでした)。

いい傾向ですね。


精神疾患は悪化の一途

精神疾患のほうは芳しくありません。夜中の物音が右耳から左耳に衝撃波として感じることが増えるようになりました(これは耳の疾患ではなく精神疾患の領域だそうです)。

そして、先日は誰かに腕を数回叩かれたと確かに関し周辺を見回すと誰もいない、女性の会話が聞こえてきたと感じて周囲を見渡しても誰もいない(これは昼夜問わず自宅でも)。

あと、通りすがりの人から殺気を感じたり(特に背後から)なんてことも起こるようになりました。

これらは「幻聴」などに該当するもので、双極性障害の症状には含まれません。恐らく何か別の精神疾患が合併していると思います。ただ、これは過去にもあったので今回の件で合併したわけではないようです。

精神疾患については明らかに「悪化」しています。

厚生労働省の精神疾患関連のサイトを見ると、「精神疾患はそもそも脳が引き起こす病気で、脳のどの部分が異常をきたすとどの精神疾患が起きる、というのがないのでそもそも診断名は付けづらい」とありました。

ただ、僕が双極性障害以外に持っている精神疾患が何か知りたいので調べたところ、「統合失調症」や「複雑性PTSD」などで微妙に合致するのですが、確実なものではありません。

医師からも、「病名を診断するのは相当慎重にしないといけないので」と言われているので、最低今のところは「双極性障害」のままなのでしょうが、これが変わるかどうかも分かりません。

30日、受診があります。前回からの変化を伝え、医師からどういう見解が示されるか、またそれ次第で自分の「活動」がどうなるか気になるところです。


不安に思っていても仕方ない

ここはアメブロに書かなかった部分。今は脳の病気である精神疾患が脳の異常を進行させています。

とはいえ、タイミングでは正常に働く部分もあります(だから今日は文章が書ける)。正常に働いている部分を使いできることをやり、計画や想いはメモに残し(形になるものはする)、ということを地道に進める。

これが今、僕にできることです。

ちなみに「トドろき防災」のページが回復後にやりたいメニューに変更されています。

そんな今の僕には、「静かに信念を貫く」意味で「黒」を自分で送りたいと思います。もし皆さんでも、水面下で地道に信念をもってやりたいことを進行したいのであれば、黒がその後押しになります。

画像1

そんなわけで、きょうは以前の半分の長さですが長文が書けました。収穫(^^♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!