“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ
見出し画像

“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ

※この記事は2020年12月17日に公開したものです。
※2021年8月より名称を変更した弊社マーケティングツール「MicoCloud」は、旧サービス名「AURA」に表記を統一しています。


こんにちは!Micoworks広報の横田です。
2020年4月から新卒採用を本格始動させた弊社では、2020年12月現在で8名が来春に入社予定です。創業4期目のベンチャー企業ながら史上最多の新卒生を迎えられたことを記念して、今回は内定者インタビューをお届けします!

さて、記念すべき第一回目のインタビューを引き受けてくれたのは、2020年3月からコンサル職の長期インターンに参加後、約半年でMicoworksに内定が決まった守永くん。なぜMicoworksの長期インターンに参加したのか、そしてなぜMicoworksに就職を決意したのか伺いました。


“海外で働いてみたい。”憧れの気持ちで参加したアメリカのインターン

– まずは自己紹介をお願いします。

同志社大学4年生の守永 怜生(もりなが れい)です。奈良県出身で、今も実家から会社がある大阪まで通っています。幼稚園から高校までずっとサッカーをしていて、中学まではプロを目指していたんですが「自分はプロにはなれない」と悟り、プロの夢は諦めて高校からは全国大会出場を目標に頑張っていました。

大学入学後はサッカーはぱったり辞めて、高校時代にお世話になっていた学習塾で講師のアルバイトを2年半ほど経験した後、2018年の9月から1年間休学をして今に至ります。

“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ_1

-1年間休学されていたんですね。その期間にやりたいことがあったんですか?

はい。元々海外に興味があったので当初は交換留学をしたいと思っていたんですが、いつか海外で働いてみたいという憧れのような気持ちもあったので、交換留学ではなくワーキングホリデーでオーストラリアとアメリカに行きました。

オーストラリアには10ヶ月、残りの2ヶ月はアメリカに滞在しましたね。現地ではずっと働いていたんですけど、アメリカでは「ジャパンフェス」というイベントを運営している会社でインターンを経験させていただきました。


-海外勤務って確かに憧れですよね!インターンでその夢を実現させるってすごいと思います!
守永くんが参加していたジャパンフェス、というのはどういうイベントなんですか?

ジャパンフェスは日本人数名で運営している小さな会社が主宰のイベントなんですが、ニューヨークのストリート一体を封鎖して丸ごと会場にするっていう、結構大規模なもので。イベントを通して日本の食文化を広げるっていうのがコンセプトのイベントなんです。

そのイベントでは街の飲食店に「イベントに参加しませんか?」っていうDMを送ったり、出店してくれるお店の広告を簡単な英語で書いたり、SNSで投稿したりと、色んなことを経験させていただきましたね。イベント当日はお店のサポートや来場者の案内などのお手伝いもしていました。


-海外では色んな刺激を受けられたんですね。
帰国してからは、どのように過ごされていましたか?

この熱量のまま日本に戻ってまた普通にバイトっていうのも何だか違うような気がするし、今後のためにもならないと思ったので、帰国してすぐの9月末頃からインターン選考を複数受けました。

帰ってきてすぐはWebデザインのインターンに参加したいと思ってデザインを描いたりコードを書く練習をしてたんですが、コードを書く作業がおもしろくないなと思って辞めちゃいました(笑)

その後は就活支援の長期インターンを開始して、それと同時期にMicoworksの長期インターンもスタートしました。当初は2つのインターンを掛け持ちしていましたが、今はMicoworksのインターンに専念している状態です。


-当初は2つのインターンを掛け持ちしていたんですね!知らなかったです。
では、なぜMicoworksの長期インターンに挑戦しようと思ったんでしょうか?

元々ベンチャー企業を就活軸にしていて、複数社の選考を受けていく中で「何か自分の武器になるものを身につけたい」「早く行動を起こしたい」と思うようになって、大阪で長期インターンをできるところをWantedlyで探していたら、たまたまMicoworksの長期インターンを見つけたんです。


ワーキングホリデーでの経験で確立した「ベンチャー」という就活軸

-就活軸がベンチャー、ということですが、なぜベンチャーに行こうと思ったんですか?

以前、漠然と「行きたいな」と思っていた大手企業の選考の締め切りに間に合わなかったことがあったんです。ESなどの選考をちゃんとやりきるだけの真面目さが無かった、というのも正直あるんですが…(笑)でもそれと同時に「それくらいの志望度でしかなかったんだ」と思って。

大手企業に行きたい、という気持ちよりも「早く成長したい、おもしろいことがしたい」という気持ちの方が強いんだということに気づいたんです。それに大手企業のような大きな組織に入って、本当に成長意欲を持ち続けられるのか・活躍できるのか、という懸念もありました。

元々大人数の中でいるのが苦手、というのもあるんですが、数百といる社員の中で自分が埋もれて成長することを諦めてしまわないかが不安で。

数十人規模のスタートアップベンチャーであるMicoworksなら、常に“自分ごと“として仕事に取り組めますし、おもしろそうであることや成長機会が多そうであるという点からも、自分に合っていると考えました。


-「おもしろいことがしたい」という気持ちが大きくなったのは、海外で出会った人たちの影響があったから、ですか?

そうですね。それは大きいと思います。ジャパンフェスを企画している会社の社長は当時30歳くらいで、一人で渡米してから何個も事業を展開している方だったんです。この方以外にも色んな経歴を持つ人たちを見て、何だか“レールが外れてる”感じがおもしろくて。

休学中に色んな人と出会ってから「ベンチャーにはおもしろそうな人たちがいっぱいいるんだ」と気づいて、自分は大手企業よりもベンチャー企業の方が向いていると思うようになりました。

“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ_2

-アメリカでの経験がきっかけで、就活軸が決まったんですね。
そんな中でMicoworksのインターンに応募してくれて、とても嬉しいです!


このインターンは難しいことだらけ。でも、得られるものしかない。

-Micoworksでのインターン内容を教えてください。

AURAのコンサル業務を担当しています。AURAは簡単にいうとLINEマーケティングの効果を最大化させるコミュニケーションツールのことで、AURAのサービスを導入していただいているお客様の運用代行としてサポートする、というのが主な仕事内容ですね。

お客様のゴールをすり合わせるところから始まって、目標数値を設計したり、どのようなフローを組んでLINE公式アカウントを運用していくのかを打ち合わせしたり、ミーティング資料や提案資料を作成したりと、結構ガッツリとコンサル業務を任せていただいています。


-インターンとはいえ、かなり濃い内容の仕事をされているんですね。
実際に働く中で、難しいと感じることはありますか?

正直なところ、難しいことだらけですね(笑)コンサルは顧客の課題を解決するのが仕事なので、結果を出すというのが大前提なのですが、これが本当に難しいです。特にAURAは“全業界”がクライアントになるので、業界理解・顧客ニーズの理解ができないと数字が伴わないですし。

また先方の企業様とやりとりをする、という経験も今までしたことが無かったので、顧客折衝というのも大変ですね。またAURAのシステムや開発部分に至っては、本当に分からないことばっかりで…(笑)

コンサルが直接的にシステム開発に関わるわけではありませんが、お客様のご要望がAURAのシステムで実現できるかどうかエンジニアと相談することがあって。その内容についてお客様に分かりやすく説明するのは難しいです。ですが自分(インターン生)一人で実務を行うわけではなく、上司が伴走してくれるので、そこはとても安心できます。


-では、インターンとして働く中で成長できたと思うことはありますか?

実務に関していうと、資料作成のスピードと丁寧さ・見やすさが伴うようになってきたことや、先方とお話する際の雰囲気作り、ビジネスメールの文書を作成できるようになったこと、とかですかね。細々した部分は振り返れば浮かんできますが、まだまだ実力不足なので実際に働いていると感じる間もなく過ぎていく、という感じです…(笑)

“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ_3

ただ、Micoworks以外のコミュニティーに出たときに「自分はかなりハイレベルなことに挑戦させてもらえているんだ」と感じることは多いです。たとえば、僕は一年留年しているので同期は新社会人として働いているんですが、その子たちと同等以上に実務を任せてもらえていると感じます。

大手企業に就職したある同級生は「まだ雑務しかさせてもらえていない」と話していたので、ここまでのレベルの仕事をガッツリさせていただいている人は少ないんじゃないですかね。


-確かに。Micoworksのインターンはインターンというよりも仕事、っていう感じですもんね。では、このインターンで得られたものはありますか?

得られるものしかないです(笑)それこそ資料作成や企業様との話し方、アジェンダ作成、数値分析する、施策の考案などの汎用的なスキルは必ず身につくようになります。こういうスキルはどの会社に就職しても役に立つと思いますね。


-Micoworksは上長が数値分析や目標設定を行うのではなく、まずは自分で行ってから上長に確認してもらう、というスタイルが確立されていますよね。これって他の会社ではなかなか味わえないことだと思います。

そうなんですよね。それがプレッシャーでもありますが…(笑)


“おもしろそうな会社”。その印象はどの会社よりも大きかった

-守永くんは今年(2020年)の10月に内定承諾をしてくれましたよね。
どうしてMicoworksに就職しようと思ったんですか?

純粋に“おもしろいこと”ができそうだと感じたからです。Micoworks以外にもベンチャー企業を中心に就活を行っていたんですが、ありがたいことに他社でも内定をいただけて。その会社もうちと同じSaaSのサービスを提供しているITベンチャーだったんですが、事業を比較したときに「Micoworksの方がおもしろそうだな」と思ったんです。

それにMicoworksでインターン生として働いている中で評価をしていただけた、というのも就職を決意した理由の一つですね。自分は元々就活に対してちゃんとのめり込めていなくて、こだわりも「ベンチャー」っていうこと以外には特に無くて。

「就活を頑張る」ということよりも「就職してからどう頑張っていくのか」を考える方が大事だと思っているので、今成長の機会をたくさんいただけているMicoworksでスキルを培っていこうと思いました。


-そういってもらえて嬉しいです!
では、守永くんから見たMicoworksはどんな会社ですか?

ちょっと上からに聞こえてしまうかもしれませんが、とても一生懸命な方が多い会社だと思います。そういう方たちと関わっているとこちらも「頑張ろう」と思えますし、むしろ「もっと頑張らないと」とも思います。

それに、色んなバックグラウンドを持つ人がいておもしろいです。ベンチャーと聞くと「仲間内で起業していて近しい属性の人たちが多い」というイメージがあったんですが、Micoworksは年齢も経歴も全然違いますし、変な人が多い(笑)


-確かに変わった人が多いですね、うちの会社(笑)
守永くんの上司はどんな方ですか?

すごく頭が切れる人、だけどとっても優しい人です。めちゃくちゃ忙しいはずなのに、たくさんフィードバックをしてくださいますし、質問に対してのレスがとても早い。絶対的な信頼感があります。


-すごい信頼感!この記事を読んだらきっと喜んでくれるんじゃないかな…(笑)では、守永くんにとってMicoworksはどんな人に向いている会社だと思いますか?

自走力のある人やスピード感のある会社で早く成長したい人、責任感が強い人が向いていると思います。Micoworksはベンチャー企業なので、自分でマニュアルを作っていく必要がありますし、社内の体制もまだ万全ではないので。

あとは考えるのが好きな人も合っているんじゃないかと思います。コンサル業務は思考力が試されるので、思考するのが好きな人におすすめしたいです。


-Micoworksのインターンや新卒入社を考えている方に、選考のアドバイスなどをお願いします!

Micoworksのインターンは社会人と変わらない仕事を任せていただけるので、その分選考やインターン内容の難易度が高いです。選考を受けられる際は、MECEなどコンサルに必要な知識を事前に勉強しておくと対策になるかと思います。

何か自分の武器になるスキルを身に付けたい、ITコンサルに興味がある、という方はぜひ挑戦してみてください!


-ありがとうございます!
では最後に、守永くんの今後の目標を聞かせてください。

あまり先のことが見えていないのが正直なところで、今やっていることで精一杯なんですが、まずは”結果を出す”ことができればと思います。あとは自分一人で案件を任せてもらっても大丈夫なように、また会社にとってなくてはならない存在になれるように、今のうちから頑張ります!

“おもしろいこと”がしたい。海外インターン経験者がMicoworksをファーストキャリアに選んだワケ_4


編集後記

記念すべき第一回目の内定者インタビューは、インターン生としてコンサル業務をこなしてくれている守永くんでした!皆さんいかがでしたでしょうか?

さて、広報チームが本格的に採用に関わるようになったのは2019年の夏から。その頃は「来年の新卒は3名採用できると良いね」と話していましたが、当初の目標を大きく上回る8名の21卒内定者と出会うことができました。またこの一年で中途社員数も増加し、会社の成長を感じずにはいられない今日この頃です。

そんなMicoworksでは、さらなる事業拡大に向けて私たちと一緒に働いてくれる新卒生を募集しています。仕事内容や応募の詳細は下記のサイトをご確認ください。皆さまのご応募、心よりお待ちしております!


この記事が参加している募集

私の仕事

社員紹介

嬉しいです!
顧客と企業の最適なコミュニケーションを実現するマーケティングツール「MicoCloud」を提供するMicoworks株式会社(https://www.micoworks.jp/)の公式noteです。弊社の取り組みやサービスへの想い、働くメンバーの声を発信していきます。